美容・健康

原因はコレだった!塩素を除去したら肌や髪がてきめんに変わった

こんにちは、クボヒロです。(Kubohiro7

近頃、顔を洗ったあとに蚊に刺されみたいな湿疹が出ることがあったのです。

クボヒロ
クボヒロ
洗顔後って、一番肌が清潔なときじゃないですか。そのときになぜ湿疹?と疑問に思いました

ここで一番疑うべきは、「洗顔フォーム」と「クレンジングオイル」ですよね。

でも、それが原因じゃないことに気がついたんです!!

ズバリ、問題は塩素です。

今回は、その塩素の問題と、解決策や、塩素除去してみてどう変わったかなどを書いていこうと思います。

塩素に気がついたきっかけ

洗顔後、いちばん肌が清潔なときに「蚊に刺され」のような肌トラブルが出ることがありました。

一番疑うのは、洗顔のときに使ったクレンジングオイルや洗顔フォーム、もしくは化粧水などと考えたのですが、前のアパートでも同じ基礎化粧品を使っていたので、納得いきませんでした。

クボヒロ
クボヒロ
そしてついに原因が明らかになる出来事が・・・!

ある日、外出続きで疲れていたし、夜遅くなってしまったのでコンビニで「メイク落としシート」を買って使いました。

なんとその日は例の湿疹が出なかったんですよね。

まさかと思って次の日の朝、化粧水で拭き取って洗顔を済ませ、夜はまたメイク落としシートを使用。

クボヒロ
クボヒロ
やっぱり湿疹が出ない!ということは、やっぱり洗顔フォームやオイルが原因だったんだろうか?

ちなみに、私はこれらを愛用しています。(結果的に洗顔でもオイルのせいでもなかったので、これらは超オススメアイテムです。)

おすすめの洗顔フォーム

おすすめのクレンジング

created by Rinker
アルガンビューティー(Argan Beauty)

このクレンジングオイル、美容を教える科学の先生ことかずのすけ先生がとてもおすすめされています。

肌荒れの原因をネットで調べたらたどり着いた「残留塩素」(ざんりゅうえんそ)

みなさん塩素ってご存知ですよね?

クボヒロ
クボヒロ
水道水に入っている、塩素だよね?ばい菌を消毒したりするやつ
じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
そのとおり。その塩素についてちょっとだけ説明していくよ

家庭の水道に入っている塩素

塩素って、プールに入っているのを見かけたことがある人もいると思います。(白い丸いやつ)

ばい菌を殺す(殺菌)おくすりだと思ってください。

この塩素はプールだけでなく、ご家庭の水道にも含まれているんです。

ちなみに塩素は「カルキ」とも言います。

クボヒロ
クボヒロ
そんなことは知っているよ〜

日本の各家庭の水道(蛇口)では、1リットルあたり0.1mg以上の塩素濃度を保つように法律で規定されているのは知ってましたか?

クボヒロ
クボヒロ
えっ・・・法律で?!ただ蛇口をひねるだけで出てくる水に、法律が関わっていたなんて・・・!

日本の塩素濃度は、外国と比べて、5〜15倍ほどだそうです。

1リットルあたり0.1mgというのは、濃度(ppm)で表すと0.1ppmとなります。これは下限値なので、上限はありません。つまり、0.1ppm以上の濃度が含まれるということもありえるということです。

じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
日本の塩素濃度ってとっても高いんだよね。だからこそ、「日本の水は安全だ」ってよく言われているのです
クボヒロ
クボヒロ
日本の水道水は殺菌しまくりだから、キレイなんだね

塩素ってそんなに危険なの?

そもそも塩素は、強い毒性を持つものなんです。

呼吸器や、皮膚に損傷を与え、昔は化学兵器としても使われていたほどです。

だからこそ、水道水に含まれるウイルスや菌などを殺してくれます。

クボヒロ
クボヒロ
でもそんなに殺菌力が強かったら、人体にも影響が出るんじゃないの?

金魚にはカルキ抜きが必要

金魚を飼われている方ならおわかりかもしれませんが、水道水を「カルキ抜き」しますよね。

日光に一定時間晒すか、カルキ抜き用のアイテムを投入します。

クボヒロ
クボヒロ
もしカルキ抜きしなかったらどうなるの・・・?

もし金魚を水道水にそのまま入れたら、死んじゃいます。

悲しいですが、そのくらい日本の塩素は強力なんです。小動物は体が小さいぶん、とくにダメージが出やすいです。

じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
ぶっちゃけ僕もやばい・・・(ハムスター)

ペットには塩素除去したお水がおすすめです。(またはペット用ウォーター)

塩素除去したお水はいたみやすいので、こまめに取り替えてあげてくださいね。

塩素はアトピーやアレルギーの原因にもなる

安全のために入れることが義務付けられている塩素ですが、確かにウイルスや病原菌は殺してくれるものの、そんなに強い物質がお肌や髪の毛に良いわけがないんです。

水道水で目を洗ったりしたときに、赤く充血したことはないですか?

お風呂に入るとき、ピリピリっと感じたことはありませんか?

あれらは塩素のせいなんです。

塩素は酸化作用を持っており、タンパク質やビタミンを破壊します。

とくに水道水の残留塩素はアトピー性皮膚炎の大きな原因であるとされています。
日本でアトピーが増え始めたのは1960年代の後半というデータがあり、水道水への塩素の投入量が急激に増えたのも1960年代の後半です。これは果たしてただの偶然なのでしょうか?

http://otonanikibi-lab.com/cause/635/

私は上記の記事を読んで、塩素がアトピー性皮膚炎になりえるということにとても驚きました。

安心して水道水を飲むことが出来る一方で、お肌や髪の毛にはあまり良くないということですね。

ちなみに、水道水を常飲することもあまりおすすめはできません。

クボヒロ
クボヒロ
そういえば、田舎に行くと「肌がキレイになる」ってたまに聞くけど、あれは偶然ではなかったんだ
じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
田舎の水はキレイだから塩素が少なかったり、井戸水だったりするので、その影響かもね
クボヒロ
クボヒロ
フランスは硬水だから、石鹸が泡立たないので、洗わずに拭き取るのが主流だそう。確かにフランス人って肌キレイな人が多いイメージ・・・
じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
ただの「水」されど「水」だよね。水がこんなにも重要ってあまり考えたことなかったよー

塩素のメリット・デメリットまとめ

塩素のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

塩素のデメリットは・・・

  • 肌や髪がいたむ(目や粘膜なども)
  • 小動物に害がある

キレイな水で洗っていると思っても、塩素が悪さをしてアトピーの原因になっていたりすることもあります。

また、小動物はからだが小さい分、塩素の影響を受けやすいのです。

塩素のメリットは・・・

  • ウイルスや病原菌を殺菌してくれるので、安心

塩素で消毒していなければ、水道水のお水を飲むことはできません。(法律で定められている)

「田舎の川の生水を飲んでお腹を壊した」って聞いたことありますよね。そう考えると、塩素はなくてはならないものとも言えます。

塩素除去のすすめ

http://www.jwpa.or.jp

さてここでついに本題ですが、クボヒロのお肌も、長年の塩素によって「塩素ダメージ」が蓄積されていたんです。

クボヒロ
クボヒロ
水を使わずに洗顔(クレンジングシート)をしたことで、原因が分かったんですよね。水=キレイなものと思っていたので盲点でした・・・
塩素ってどうやって除去できるの?

塩素除去の方法について、詳しく下記にまとめてみました。

塩素除去のシャワーヘッドを取り付ける

シャワーを浴びるときは、シャワーヘッドを交換してしまえばOKです。

私も実際に塩素除去できるものに交換してみました。購入したのはこちらのシャワーヘッド。

東レ トレビーノのシャワーヘッドです。こちらはひとつ古い型番です。
持ち手のところに浄水カートリッジが入っています。もちろん交換も可能
このシャワーヘッドの良いところは、原水と浄水で切り替えて使用できるところ
こちらを押すと、塩素が取り除かれる「浄水」となります
とても軽く握りやすいグリップで女性におすすめ
トレビーノおすすめポイント
  • 一日80Lの使用でも5ヶ月持つカートリッジ
  • スッキリしたデザインで、軽量・細身。女性でも持ちやすいし疲れない
  • 原水・塩素除去の使い分けができ、掃除のときにカートリッジをムダにしない
  • シャワーの出る範囲が狭く、逆にお湯が飛び散らなくていい

私が気に入っているポイントは上記のとおり。

原水と塩素除去との切り替えができるのは便利です。お掃除のときに塩素除去の水を使うのは、勿体ないです。

特に、長く持つカートリッジはありがたいです。他のメーカーだと1〜2ヶ月とかが多かったので、頻繁に交換するのは費用もかかるし、面倒ですからね。

↓カートリッジは下記よりどうぞ。

また、私はあえて古い型番のものを使っています。こちらは新型と比べて軽量で小さく、シャワーの出る範囲が狭いです。

↓新型はこちら。旧型とは逆に、シャワーの出る範囲が広くなっています。

浄水器を取り付ける

持ち家の方は、キッチンに浄水がついているということも多いかと思います。

私のように賃貸アパートだとついていませんので、我が家では浄水ヘッドを取り付けています。

クボヒロ
クボヒロ
この手のタイプは色々使ってきましたが、上記の商品がいちばん使いやすい!愛用中です

ウォーターサーバーを取り入れる

最近のウォーターサーバーは安価で、お湯も出るし、自宅まで重い水を運んできてくれたりと良いことづくめです。

もちろん飲水なので塩素は入っていないので、ペット用のお水としても使用できます。

クボヒロ
クボヒロ
美味しい水がすぐ飲めるのはありがたいですよね。私も以前は契約していましたよ!部屋が広くなったらまた使いたいな〜

ブリタなどの浄水ポットを使う

クリンスイ、ブリタと使いましたが、今の所はブリタがお気に入りです。

長くなってしまうので、ブリタについては別記事にまとめる予定です^^

塩素=すべてが悪ではないことに注意を

肌や髪の毛にダメージを与える塩素ですが、一方で、ウイルスや病原菌から守ってくれるのも塩素の役割です。

ですから、塩素=悪というのは間違いです。

塩素除去の使い分けをしよう

塩素除去するお水と、あえて除去しないお水と使い分けることが大事です。

塩素を除去したほうが良いとき
  • お肌や髪の毛を洗うとき(目なども)
  • 料理に使うとき
  • ペットの飲み水
あえて塩素は取り除かないほうが良いとき

お風呂掃除のときなど

塩素は殺菌力があるため、除去した水でお風呂掃除をすると、カビが生えやすくなるようです。

家中の全てから塩素を取り除くよりも、お肌や髪の毛、ペットに使う水だけにとどめておいて、ほかは除去せずとも大丈夫です。

食器を洗うときもそこまで気にする必要はないと思いますが、塩素はとても残留しますので気になる方は取り除いてもいいと思います。(浄水費が大変だと思いますが・・・)

塩素除去してみて変わったこと

クボヒロ
クボヒロ
やはりいちばん変わったのは、お肌と髪の毛です!!

塩素って今まで気にしたことはありませんでしたが、まさかこの湿疹の原因が、塩素のせいだったとは・・・!衝撃的です。

前述したとおり、塩素の濃度が高くなってから、日本では「アレルギー性皮膚炎」の患者さんが増えたそうです。

塩素を除去して変わったところ
  • 肌に湿疹が出づらくなる
  • 髪の毛がサラサラになって艶が出る
  • 肌にお湯をかけたときに「ピリピリっ」としない

また男性には、フケや育毛などにも効果があるそうです!

じょちゅ(助手)
じょちゅ(助手)
すべてが塩素のせいとは限りませんが、お肌にトラブルのある方は、塩素除去のシャワーヘッドなどに変えてみるのも解決法かもしれませんよ

参考サイト(外部リンク)

残留塩素については、下記のサイトを参考にさせていただきました。

こちらの記事では、塩素について実験を行っており、とてもわかり易く、いかに塩素が危険なものなのかが理解できるようになっています。

まとめ

ふだん使用しているお水は「キレイなもの」と思い込んでいましたが、予想以上に塩素濃度が高いことに気付かされました。

お肌に蓄積していった塩素が、お肌や髪の毛に悪さをします(男性は薄毛の原因にも)。

塩素を除去してからは、あまり湿疹も出なくなり、お湯を浴びたときのピリピリ感もなくなり、良いことづくめです。

ただし、塩素=悪ということにはなりませんので、ご注意を。私たちの体に、病原菌が入らないようにしているのも塩素のおかげですから。

塩素を除去するお水と、あえて除去しないお水とで使い分けることが大切です。

↓私も愛用しているシャワーヘッドはこちら。原水と浄水の切り替えが出来て、カートリッジも長く持つので経済的です!

↓上記の商品の、最新モデルのシャワーヘッドはこちら。旧型よりすこし高いですが、お湯の出方など改善した商品となっています。

↓上記2つのシャワーヘッドに対応するカートリッジはこちら。「RS51/RS52」どちらにも対応していて、リーズナブルなカートリッジです。

↓ウォーターサーバーなら手軽にいつでもおいしいお水が飲めて良いですよ。