送金アプリPringで個人間のお金のやり取りをラクにする方法

最近はキャッシュレスが流行っていて実際に私も現金に触れることがほぼ無くなってきました。そんなキャッシュレス生活をさらに便利にしてくれるのがこのPringアプリ。(読み方はプリンです)

私はこのPringアプリひとつで家計のお金をやり取りしています。銀行口座で送金し合うよりも便利なのでおすすめします。

  • お金のやり取りが簡単にできる
  • 手数料無料(※)
  • キャッシュカードなしで現金を下ろせる(別途記事)
pring(プリン) - 送金アプリ

pring(プリン) – 送金アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

目次

Pringってなに?

相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、 
簡単にお金のやりとりができる送金アプリです。 
お店で会計するときのQR決済や、友達とのワリカンや集金、 
あらゆるシーンでの個人間送金がサッと便利にスマホで完結。

Pringはスマホひとつでお金を送ったり、受け取ったりすることができるアプリ。QRコードでお店での支払いも出来ます。

もっとざっくりとPringを説明すると

  1. Pringをインストールすると、銀行口座との連携が求められます。口座連携が完了すれば、Pringアプリにお金をチャージすることが可能になります。
  2. チャージしたお金は、同じくPringをインストールしている相手に送ることができます。逆にお金を受け取ることもできます。
  3. こうやってやり取りしたお金は、連携した銀行口座にそのまま戻すことが可能です。

①銀行口座からお金をチャージ②お金を送る・受け取る③お金を口座に戻す

ざっくり言うとこれらの3つのことがPringでは出来る、と考えてもらって大丈夫です。

Pringに対応している銀行口座は?

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、千葉銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、あおぞら銀行、阿波銀行、伊予銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行、北九州銀行、紀陽銀行、

熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、滋賀銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、常陽銀行、スルガ銀行、仙台銀行、筑波銀行、東邦銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、福島銀行、北洋銀行、北海道銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、琉球銀行

※順次追加予定とのこと。

対応銀行口座は随時追加中とのことです。

三井住友銀行と楽天銀行は、入金手数料無料に回数があるので、これ以外の口座との連携をおすすめします。

Pringは手数料はかかる?

「お金を送る・受け取るんなら普通に銀行口座でいいじゃん!」と思うかもしれませんが、Pringと銀行口座の違いは「Pringなら※手数料が無料」というところ。※細かい手数料については下記のとおり。

「セブン銀行ATMでの現金入金」・「送金」・「決済」は何回でも無料。入金するだけでも手数料がかかってしまう銀行口座なら、Pringを経由したほうがお得です。送金も無料なので、細かなお金のやり取りもガンガン行えますね!

入金は三井住友と楽天銀行以外は無料なので、この2つ以外の銀行口座を連携させておくと便利かもしれません。私はそんなにチャージする機会が少ないので、三井住友銀行でも問題ないです。

口座への出金は1日に50万円まで可能です。例えばその日に50万円を口座へ出金(もどす)すると、翌日はまではもう出金はできませんが翌日になればまた50万円出金できるようになります。ただしこの出金は一ヶ月に1回のみ手数料無料。2回目以降の出金は220円(税込み)の手数料がかかります。なので、お金をもらうたびに出金するよりは月に一回まとめて出金(口座にもどす)するほうがお得です。

※チーム送金は使ったことがないので省略します。

2020/7/1 0:00より、Pringの手数料に変更があります。使っている方もしくはこれから使う方は要チェックを。ユーザーアプリ手数料・取扱金額変更のお知らせ

入金・出金についてのやり方まとめ

Pringへの入金方法

入金(チャージ)

連携した銀行口座から、Pringアプリへチャージします。三井住友と楽天銀行以外は、何回でも無料。

セブン銀行ATMでの現金入金

セブン銀行ATMを使って、現金をPringへ入金できます。何回でも無料。

Pringから出金方法

登録口座への出金

Pringに入っているお金は、連携した口座へ出金(もどす)ことができます。月に1回無料。

セブン銀行ATMでの現金出金

Pringに入っているお金を、現金でセブン銀行ATMからおろせます。月に1回無料。

出金は手数料無料の回数が1回のみと制限されているため、月に何回も出金せずに、まとめて出金するほうがお得ですよ。ある程度まとまった額になったらとか、月末にするとか自分でルールを決めておくといいかもしれません。

ちなみに無料なのが一回なのであって、手数料220円(税込み)を払えば何回でも出金はすることができます。

セブン銀行ATMでの現金出金ってなに?

Pringに入っているお金は、セブンイレブンにあるATM(セブン銀行ATM)で「現金で出金」することが出来ます。

基本的にはPringに入っているお金は、連携した銀行口座へ出金すると思いますが、「急に現金が必要になっちゃった!」というときに現金でおろせちゃうのです。

「Pringから銀行口座へ出金→銀行口座から現金を下ろす」という回りくどいことをせずとも、そのままPringに入っているお金を現金で下ろす事ができます。

Coming soon

Pringアプリを使ってキャッシュカードなし・スマホひとつでセブン銀行ATMで現金を下ろしてみた

Pringの画面はシンプル

Pringホーム画面

Pringの画面は非常にシンプルです。お金を「おくる・もらう・はらう」くらいのボタンしかありません。

自分が何をしたいのか一発でわかるのが良いですよね。

ホーム画面の下部には「お金をもどす・チャージする」というボタンがあります。ここからPringへ入金(チャージ)をしたり、Pringから銀行口座や現金へもどしたりできます。

「無料チャージ回数」がちゃんとカウントされていて、あと何回まで手数料が無料なのかが分かるのも良いポイントですね。うっかり手数料がかかってしまった!ということが防げるのが安心ポイント。

Pringの活用法

実際に私がどのようにPringを使っているのかと、Pring公式に載っていたとあるご夫婦のPringの使い方インタビューをご紹介します。

あとる夫婦のインタビュー

https://www.pring.jp/user_voice/voice02

Pringの公式ページから、実際にPringを使っているユーザーをインタビューしたページがあったので読んでみました。上記は新婚夫婦のインタビューの一部です。

こちらのご夫婦のPringの使い方を要約
  • 妻に立て替えてもらった家計費を精算する
  • ちょっとした感謝の気持ちをPringで送金する

こちらのご夫婦は夫側が家計を管理しているので、もし妻がお金を使ったらPringで夫に請求をしているそうです。今までは現金で精算していたそうですが、なんせ「小銭が足りない」とか「レシートがなくていくら使ったか忘れてしまった」とか、で現金のやり取りは面倒だったそう。

また奥さんが美容師だそうで、散髪してもらったらPringでお金を送っているそうです。現金だと渡しづらいけどPringなら送るのも受け取るのも簡単だから、お互い気兼ねなく感謝を伝えられるそう。

Pringでは送金時にメッセージを書けるので、何に使ったかひとことメモできるのも便利。また、送金は履歴に残るので、いつ何に使ったかもあとで見直せるのでちょっとした家計簿代わりにもなりますね!

 のアイコン画像 

全てのユーザーインタビューは下記ページの中ほどにあるので読んでみると面白いですよ〜。

私が便利だと思っているPringの使い方

実際に私も、家計管理でPringを使用しています。

例えば毎月夫から生活費を受け取るのに今まで現金だったのが、Pringにすれば「銀行口座へ入金しに行く」という面倒なことが無くなります。現金は落としたりするのも嫌なポイントなので、なるべく持ち歩かなくて良いのは助かります。

Pringだと1円単位で送金できるので、細かい小銭などがなくても良いのも便利。今はコロナウイルスもあるのでなるべくお札や小銭に触れなくても良くなるのも嬉しいポイント。

 のアイコン画像 

こう書いてみると、上のもくじで書いたご夫婦と似たような使い方をしていました。

Paypayの送金よりもPringの方が便利だと思う理由

同じくキャッシュレスアプリ「Paypay」でお金を送ったり受け取ることができるのですが、Pringとの決定的な違いは「Paypayにはマネーとマネーライトの違いがあるところ」です。

銀行口座等からチャージできるPaypayマネーは、相手に送るとPaypayマネーとして受け取れ、そのまま銀行口座へ出金することができますが、Yahooカード(クレジットカード)やSoftbankまとめて支払い等からチャージしたお金は、Paypayマネーライトとなり銀行口座への出金はできません。

相手がマネーとマネーライトを混合してチャージした場合、マネーライトが優先的に送金の対象となるため、銀行口座へ出金できるお金と、出金できないお金ができてしまう可能性もあります。

私もこの理由で銀行口座に出金できないお金(マネーライト)を受け取ってしまい、結局Paypayでしか使えないお金になって面倒なことになったので、Pringを使うことにしました!

他にも用途はいろいろ

私の場合は夫婦間で主に使用していますが、例えば友達間のお金のやり取りは少額だとなあなあにしがちですがPringなら1円単位で送ることができるので、変なトラブルもなくなります。

飲み会のメンバー全員がPringを導入すれば、飲み会の割り勘費もPringで回収できます。金額を決めてリクエストができるので、わざわざLINE等で金額を教えて送金してもらうこともしなくてよく、Pringだけで完結できます!

また、銀行口座番号を直接教えるのは不安だという相手でも、番号や個人情報を全くを知られないで送金できるので、色々と用途アイデアが浮かびますね!

まとめ:送金はPringがおすすめ!

夫婦同士や家族・友達間でお金をやり取りするのなら、個人的にはPaypayよりも、Pringのほうが使いやすいです。

相手側もPringをインストールして銀行口座を登録する必要がありますが、それさえ済ませてしまえば、お金のやり取りが便利になります。

実際に私が活用している方法と便利なこと
  • 家計管理に(生活費のやり取り等)
  • ちょっとした立て替え金や感謝の気持ちを送金
  • 現金を持ち歩かないで済む
  • 細かい小銭がなくても1円単位で送金
  • お金のやり取りが簡単にできる
  • 手数料無料(※)
  • キャッシュカードなしで現金を下ろせる(別途記事)
pring(プリン) - 送金アプリ

pring(プリン) – 送金アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる