iOS14ベータでホーム画面にウィジェットを追加したらアプリはどこに置くべき?

2020/7/10にiOS14のパブリックベータが公開されました。早速登録して、1日じっくり試してみたので感想を書いていきます。

今回は、iOS14にしてホーム画面にウィジェットが追加出来るなど、ホーム画面あたりがガラリと変わったのでその点のみお話していきます。

公式ページ

目次

ウィジェットの設置でホーム画面が大混乱?

iOS14ではホーム画面にウィジェットを置くことが可能になりました。

今までのiOSでは、アプリ以外のものは絶対に設置出来なかったのでとても斬新です!

とはいえ、ウィジェットは今のところ数が少なくApple純正アプリのものしかありませんでした。これからサードパーティのアプリでも設置できる様になると便利ですね。

上記のホーム画面は整理に整理を重ねてようやく落ち着いたものですが、今まで自分なりに整理してきたホーム画面にウィジェットをどーん!と置いてしまうと、一気にレイアウトが崩れますね。

とくに私を混乱させたのが、こちらの「Appライブラリ」という機能。SNSやユーティリティなど、自動的にアプリをまとめてくれます。

Appライブラリ

これにより、「ホーム画面のフォルダの中にもアプリがあり、Appライブラリにもアプリがある?!2個もアプリがあるの?」という混乱状態に。

詳しく説明すると、Appライブラリに入っているアプリが本物だとすると、ホーム画面に置けるアプリは分身みたいなもの。

今まではホーム画面にフォルダを作ってアプリを振り分けていた方が多いと思います。それらのアプリの大元が、今回追加されたAppライブラリに格納されています。

「ややこしいから一言で!」と言われるならば、今までのように使いたいならAppライブラリは無視すればOK、使わなくて大丈夫。

アプリをホーム画面から消せるようになった

今回のiOS14では、「ホーム画面からアプリを消す」ことが可能になりました。これは、アプリを消去してしまうのとは違います。

ホーム画面からアプリを削除しても、アプリ自体は消えません。いつも通りアプリをアンインストール(消す)には、赤字の「削除」ボタンです。

「ホーム画面から削除」は、ホーム画面にあるアプリアイコンが消えるだけで、アプリ本体は消えず、Appライブラリに格納されています。

Appライブラリの使い勝手について

Appライブラリの自動振り分けは、ユーティリティやクリエイティビティ、などカタカナ英語になっていて個人的にはちょっと使いづらい。

ここだけなぜか英語だし

仕事効率化にpaypayが入っていたり、ライフスタイルについては無秩序状態と言っても良いかも。(Pinterestとショップのポイントカードアプリが一緒だったり)

とはいえ、クリエイティビティには良く使う画像編集アプリや写真、動画関連がまとまっていて、SNSもその文字のまま、教育や健康とフィットネスもその通りのアプリがまとまっていました。

もう少し振り分けをしっかりしてくれたらかなり使いやすくなるんじゃないかと思いますが、膨大なアプリが入っていない限りはそこまで困ることもなさそうです。

Apprライブラリのアプリ検索画面

アプリが多い方は、Appライブラリと書かれたボックスをタップすると、アルファベット順にアプリが出てきます。

ウィジェットは従来の場所でもOK

ウィジェット画面 ←ホーム画面→ Appライブラリ

ホーム画面を左スワイプで従来のウィジェット画面に移れます。

ここにもホーム画面に置くことができるのと同じウィジェットを設置出来ますが、こちらはサードパーティアプリのウィジェットも設置出来ます。iOS13の時と変わりません。

右スワイプでAppライブラリへのアクセスとなりますが、ホーム画面に2ページ目がある場合は2ページ目を経由してからさらに右スワイプです。

新しくインストールしたアプリもAppライブラリへ

iOS13までは、新規ダウンロードしたアプリはホーム画面の次のページへ追加されていましたが、Appライブラリへのみ追加することも可能になりました。

設定>ホーム画面より、新規ダウンロードの追加方法を選択できます。

  • ホーム画面に追加:従来どおりの追加方法です。ホームの次ページに追加されます
  • Appライブラリのみ:ホーム画面には追加されずAppライブラリに追加されます

Appライブラリのみを選択すると、Appライブラリの一番上にある「最近追加した項目」へアプリが追加されます。ホーム画面からいちいち消さなくて良いので便利。

まとめ:ウィジェットとアプリの整理法は二択

私の場合はあちこちに同じアプリがあるのが嫌だし、今回はウィジェットというかなり幅をとるものも増えたので、これを機にホーム画面を片付けました。

ホーム画面はウィジェットメインで、本当によく使うアプリのみを残し、他は全てAppライブラリからアクセスする事にしました。

ウィジェットがどうしても幅をとるので、私のようにホーム画面からアプリを消したい方は多いんじゃないかと思います。もしくは1ページ目をウィジェット、2ページ目からアプリという整理の仕方もあると思いますが、それならいっそのことAppライブラリにアクセスした方が早そうです。

ホーム画面に従来どおりアプリを表示させておくか、潔く1ページのみにしてAppライブラリを使うかに分かれそうですね。(私は後者)

いきなりウィジェットを追加してホーム画面が混乱中という方は、少し時間がかかりますが潔く全てのアプリを「ホーム画面から削除」(アンインストールではない)して、Appライブラリから本当に良く使うものだけ引っ張りだしてくると良いですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる