Airpods初代からAirPods proへ買い替えた結果

AirPods proをApple store(オンライン)にて、購入しました。

元々、初代Airpodsを発売日に手に入れ発売日からほとんど毎日使用していましたが、やはりバッテリーが消耗してきてしまい、ついにproへ買い換えることになりました。

今回はこのAirPods proを手に入れるまでのApple storeでの日数や、手に入れてから約2週間ほど使った感想、初代と比べてどうかなどを書いていこうと思います。

目次

初代ついに壊れたか?

Airpodsは初代から発売日当日より、ず〜っと愛用してきました。3年間使用したはずです。

ほとんど毎日装着してたといっても過言ではないくらい、そのくらい愛用していたので、バッテリーのへたりは仕方ないなと思えるレベルです。

毎日装着し続けて使い込んだ結果、実際にどんな症状があったかというと・・・、

  • 突然ペアリングが切れることがある
  • ペアリングが上手くいかない時が多くなってきた
  • 片耳だけ異様にバッテリーの減りが早くなった

ペアリングが途中で切れるのは、音楽再生中でも音楽は止まってくれるので恥ずかしい思いはしなかったです!

ペアリングが上手くいかない時は、片方だけしか接続されなかったり、両方とも接続されない時もあったりとまちまちでした。
充電がないわけでもなかったので、Airpodsの設定を消去して1から接続し直すということをしていました。これだと、Airpodsの設定をまた1から設定(タップの挙動)しないといけないので、ちょっと面倒でした。

また、フル充電したはずなのに、片方のイヤホンが93%などとなり、100%にならなくなってしまいました。

Airpods proをApple storeにて購入する

Apple製品の情報はなるべくチェックしているつもりでしたが、今回は出遅れてしまいました。Airpods proの登場を知ったのは、10月31日。発売日はその前日30日でした。

慌ててApple storeをチェックするも、お届け予定日がもうすでに11月半ばになっている・・・!さすがApple製品、大人気のようです。

メルカリやyahooショッピングなどなども調べてみたのですが、どれもこれも割高な上に早く届きそうな様子はない。ここは、少し待つとしても正式にApple storeで買うべきだなと踏み切りました。

お届けまでにかかった時間

  • 注文日 10月29日
  • お客様の商品は配送中です 10月31日
  • お届け予定日 11月1日
  • 実際にかかった日にちや時間 10月29日注文、10月31日配送、11月1日の朝9時半ごろに配達完了

発売日は10月30日だったので、発売から2日後に手に入れたということになります。

Apple storeで注文した時には11月初旬頃のお届け予定日となっており、もう少し早いと嬉しいなぁと思っていた矢先に、予定日が急に早まったのでびっくりしました。

Apple storeのアプリから注文状況(お届け予定日)を確認することができます。(ブラウザからでもOK)

届いた!開封だ!

AirPods proは届いた時は、Mサイズ(中くらいのサイズ)のイヤーチップが装着されています。iPhoneの設定からAirpods proのイヤーチップの密着度の設定が出来るので、試してみたところSサイズ(一番小さいサイズ)がしっくりきたのでそちらを装着することにしました。

 のアイコン画像 

初めてAirdpos proを見た時は、ケースは大きいけどpods自体は小さくなったなぁ!という印象です。

ノイズキャンセリングはほぼ無音になって恐怖を覚える

早速、今回のproの売り「ノイズキャンセリング」を試してみた結果、「ほとんど無音になり、逆にちょっと怖い!」という結果に。

家の中では良いかもしれませんが、一度外でノイズキャンセリングを使ってみたところ、車のエンジン音、スーパーのBGM、人々の声、ほぼ消え去ってあまりにも無音に近い状態になったのでびっくりしました。

特に、普段騒がしいかもって思っていたスーパー内のBGMが一瞬にして聞こえづらくなりました。これはちょっと有り難いですね。買い物にしっかりと集中できるからです。

車のエンジン音は、「ブーーーン」という音から、「さーーっ」という音に変わったように感じました。車の多い場所でエンジン音うるさいなという場合でも、ノイズキャンセリングにすれば気にならない程度になりました。

ただ、枯れ葉などの落ちる音や、子供の声などの高い音は逆に少し響くかもと感じました。また、比較的高い声の女性のおしゃべりなども良く聞こえました。
高い音に弱いんでしょうか?

ノイズキャンセリングのイヤホンって有線ならたくさん発売していると思うので、そういったものをすでに使っている人からしたらあんまり驚かないのかもしれません。

飛行機で耳がキーンってなる人はちょっと注意です

ノイズキャンセリングのイヤホンってあまり使ったことがなかったのですが、Airpods proのノイズキャンセリングモードを使用しているとどうも「耳が痛い」気がします。

試しに、オフや外部音取り込みモードにしたら痛みが消えていきました。

調べてみると、ノイズキャンセリングは「逆位相」の音波を流すことで雑音を消しているらしい。さらに「ノイズキャンセリング 耳が痛い」などで調べると、自分と同じ症状かもという文章(ブログ)を発見。

他の音が一切聞こえないことにより、「圧迫感」「閉塞感」を感じました。
深〜い海の底に沈められているような感覚です。プールでの潜水やダイビングをしたことがあればわかるかもしれませんが、長時間水のなかにいたときの押しつぶされる感じ。頭も重くなってきて、雨の日に感じるような低気圧感が襲ってきました。
痛みはありませんでしたが、「早くこの音から解き放たれたい……」という気持ちになります。調べてみると、頭痛がする・吐き気がする・めまいがするという症状が出た人もいるみたい。

https://www.crocry.com/noise-canceling-demerit

普段の体調ならあんまり気にならない程度ですが、少し体調が悪いと「Airpords proつけたくないかも」と思ってしまうかもしれません。この点では、「Airpods初代のあの軽い感じが恋しい」と思うこともありました。

三半規管が強くない方はちょっと注意したほうが良いかもしれませんね。

ノイズキャンセリング・オフ・外部音取り込みの使い分け

ノイズキャンセリングは、イヤホンを長押しして変更してもいいし、このようにコントロールセンターから変更もOK。

この三種類、どうやって使い分けるんだろう?と思ったのですが、今は「オフ」のみほぼ使用していません。使うのはノイズキャンセリングか外部音取り込みだけ。

  • ノイズキャンセリング:外部音が全く聞こえなくなる(高音は聞こえちゃうかも)
  • オフ:ほぼ使ってない。耳にイヤホンを入れたデフォルトの状態
  • 外部音取り込み:外部音取り込みモードになる。環境音が良く聞こえやすい

オフというのは、イヤホンを耳に入れたそのまんまの状態で、外部音取り込みモードはあえて「外部音が聞こえやすい状態にすること」という意味だと思っています。

外部音取り込みは環境音を取り込みやすいように加工してるのだと思います。オフだとイヤーチップが耳にフィットして、そもそも外部音が聞こえづらいですからね。

 のアイコン画像 

自宅にいる時はノイズキャンセリング、出先では外部音取り込みモードで使い分けています。

Airpods proは初代と何が違うの?

  • ケースが大きくなったけど、イヤホン自体はすごく小さくなってる
  • イヤーチップが搭載され、カナル型のインイヤータイプになった
  • ノイズキャンセリングの効果が大きい
  • ボタン押し込みで操作に変わり、さらに回数で指示する
  • ペアリングが早い
  • 音漏れしづらくなった(気がする)

「耳からうどん」と茶化されていたAirpodsですが、proになってからかなりスマートになりました。うどんのような長さはなくなったと思います。

ボタン押し込みと、その回数によって操作するのは最初ためらいましたが、慣れるとこっちのほうがかなり便利な事がわかりました。初代では、いちいちiPhoneの設定からタップの挙動を選択して決めていたし、決められる挙動は右と左の2つだけでした。proなら1,2,3回タップの上、長押しも出来るので計4つの操作をすることができます

また、ペアリングが早いのと音漏れしづらく感じたのはあくまで私が感じたことですが、やはり初代と比べると全然違うと思います。音漏れについては、他人に装着してもらい確認したところ、初代より明らかに漏れていないと思いました。

肝心の音質は?変わったの?

私の体感ですが、「音質はほぼ初代と変わっていない」と思いました。びっくりするほどの音質変化は感じられないと思います。音質を求めて初代から買い換えるなら、あんまりオススメできません。

逆に言えばそれほど「無印Airpods」の出来が凄いっていうことですよね。

買って良かった?悪かった?

結果としては、本当に買って良かったです。もともと初代をめちゃくちゃ愛用していたので、その初代がさらにパワーアップして帰ってきた感じです。

特にノイズキャンセリングは、集中したい時に耳栓代わりに使用することも出来るし、出先でうるさい場面に遭遇した時などに助かります。周囲の音が気になってストレスがたまる状況ってありませんか?そういう時に持っていると安心できると思います。
だた、本当に無音になってしまうので、移動するときは気をつけなければなりません。

またこれは初代でも思っていたことですが、外部音がよく聞こえる(proでは外部音取り込みモードにする)ので、まるで生活の中に音楽が溶け込んだようになります。これが一度ハマると癖になります。

人と話したりする時はさすがに失礼になるかもしれませんが、ちょっとした買い物や宅配便の受け取りなんかは装着して音楽流しっぱなしです。会話も出来るし、なんら問題はありません。

Airpodsにケースは必要か?

初代のケースをよくよく見ると、かなり細かいキズが付いていました。大切に扱ってきたつもりだけど、日常上でつく傷は避けられないようですね。

カラビナがあればリュックやジーンズのベルトループに通して携帯できて、便利になる利点もありますよ!

まとめ

Airpods初代からAirPods proに買い替えて、心から満足しています。

確かに値段も高いのですが、ちょうど初代が壊れかけてしまったので本当にいいタイミングでproを買うことが出来ました。

音質だけを求めて買い換えるより、ノイズキャンセリングにしたかったり、私のように初代が壊れたなどという理由で買い換えるのには絶対にオススメです。

ほぼ無音を体験したいならPRO一択!

安くて良音質を求めるなら無印版!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる