Apple・iOS

【iPhoneだけでブログ書く】アプリMWebでマークダウン記法をすると捗るよ

クボヒロ

こんにちは、クボヒロです。
(@Kubohiro7)

このブログを開設してから、1ヶ月と20日が経ちました。

ブログ開設直後は試行錯誤しながら、なんだか上手くいったりいかなかったりとしていましたが、最近はわりと安定して記事を書けています。

私が最初に悩んだのは、パソコン(MacBook)から記事を書くか、はたまたiPadか、iPhoneから書こうか・・・。
画像の大きさや貼り方だったり、改行問題、目次や吹き出しなど、ブログ始めたてはとにかく悩みまくっていました。

今はiPhoneのみで記事を書くことが出来ています。今の所、パソコンもiPadも1度も使用していません。

記事を書くおすすめiPhoneアプリ

MWebというアプリは、ブログの下書きから投稿まですることが可能です。

WordPressのアプリやブラウザが使いづらいので、こちらを使っています。日本語の対応はしていませんが、あまり英語が得意でなくても問題なく使えますよ。

MWeb - Powerful Markdown App

MWeb – Powerful Markdown App

ou lvhai無料posted withアプリーチ

そのままWordPressへ投稿できる

このアプリの魅力は、WordPressに直接投稿してくれる機能が備わっているところです。

アプリ内からWordPressにログインすれば、このように投稿が可能です

image description

タイトル、カテゴリー、タグなどを決められて、下書きとしても投稿出来ます。(下書きの場合はStatusをDraftで選択する)

マークダウン方式は超簡単に覚えられる

image description
文字がごちゃごちゃして見づらいかもしれませんが、慣れると非常に使いやすい

下書きの画面はこんな感じです。マークダウン記法という方式で書いています。

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。
Wikipediaより

Wikipediaの説明を見てもぱっとしませんよね。

MWebにはこんなボタンが備わっています。

Bは太文字、h1は見出し1などの効果があります。
ボタンを押すと下記のような文字列(アスタリスクなど)が出てきて、それらで文字を挟むと太文字になったりします。

image description

htmlだと、もっと複雑なタグを書かなければいけませんよね。マークダウンなら簡単に覚えられます。
MWebには装飾ボタンが備わっているので、押すだけで装飾出来ます。(自分で打ち込んでもok.)

見出しは色が付いたりするので、書いてて「どこが見出しだっけ?」ということもありません。

余計な装飾をしなくなりブログを書くのがラクに!

ブログ書き始めの頃は、文字にマーカーを引いたり、大きさを変えてみたり、改行をしまくったりと忙しかったです。

あまりにたくさんの装飾を使おうとして、大事なポイントがどこなのか分からなくなりました。

なるべく読みやすい文章を書こうとするブロガーにとって、それは致命的だと思います。それにタグ打つのも大変だし、書いてて楽しくなくなってきていました。

MWebでマークダウンを学んでからは(というか一瞬で覚えられます)、『文字を書く』→『大事なところは太字にする』という非常にシンプルな書き方になりました。

【追記】JINとGutenbergブロックエディタも大活躍

テーマJINにしてから、少しずつ装飾を使うようになりました。なるべくシンプルに仕上げたい気持ちは変わっていません。

改行問題もここで解決

文字装飾をする際に、改行にもめちゃくちゃ悩みました。文字を大きくすると、改行を多めに使わないととても見づらいんですよね。

ワードプレスのエディターでは、改行が反映されたりされなかったりでイライラ。
エンターで段落替え、shift+エンターで改行、というのも慣れませんでしたし。

 

上記のようなタグを入れて無理やり改行していましたが、いちいち改行するたびにこれ書くのもめんどくさい。ということで、改行もシンプルに。最高で1行にしました。(特別見づらい場合は上記のタグで無理やり開けてます)

装飾や改行に悩まなくなり、ブログを書くことにより集中出来るようになりました。

マークダウンはエディタがタグでごちゃごちゃ汚れなくて、最高なんです。シンプルで、ミニマリスト。装飾と改行は私には必要なかったんです。

画像の貼り方

MWebでは画像も貼ることができ、そのままワードプレスにアップロード可能です。エディタの状態でも画像をプレビューすることができます。

image description
▲ エディタで画像プレビューOK

書きながら画像を確認出来るって素晴らしい。

私はMWebで記事(画像)をアップロードし、Imsanityというワードプレスプラグインを使用して画像を勝手にリサイズして貰ってます。(あらかじめサイズを設定するだけで、アップロードされた画像をそのサイズに自動でしてくれる)

ウォーターマークを表示させる

これは自分で撮った画像だよ、という証明をするためのウォーターマーク。これもiPhoneのみで入れることが可能。

iPhoneだけで写真に透かし(ウォーターマーク)を入れる方法
ごりゅご.com さんのサイトを参考にさせて頂きました。

吹き出しは辞書登録すると良し

バルーン吹き出しはまずパソコンで作ってから、タグをコピーしてiPhoneの辞書に入れておくと、次回からiPhoneのみで使用できます。
冒頭の挨拶(+Twitterリンク)も辞書に入ってます。

記事ネタ思いつき~投稿完了までの手順まとめ

私のブログを書く流れはこんな感じ。

これらは全てiPhoneだけで完結できます。(バルーン吹き出しのみ、最初にパソコンで作っときました。)

  1. google keepにネタをストック
  2. 書くネタの画像を加工(編集やWMを入れる)
  3. MWebで下書きをしてWordPressへアップロード
  4. ブラウザのWordPressからタイトル、カテゴリー、タグ、アイキャッチ画像を設定して、『下書き保存』
  5. プレビューをして良かったら投稿(直したい箇所があったら、MWebから直してまたアップロードすれば上書き保存される)
  6. 投稿完了!
google keepはネタのストックや下書きにもおすすめ。

まとめ

MWebはシンプルで書きやすいマークダウンエディター。

私はこのアプリのおかげで、ブログをシンプルに楽しく書けるようになりました!最低限の文字装飾や改行でも綺麗にまとまったブログが書けるし、記事と画像のアップロードがそのままアプリ内で出来ます。再編集(再アップロード)も出来ます!

マークダウンは覚えると非常にラクだし、iPhoneでいつでもどこでもブログが更新できるのは嬉しいですよね。

ワードプレスを使っていて、iPhoneだけでラクにブログ書きたい!という人は、MWebアプリがおすすめです。

MWeb - Powerful Markdown App

MWeb – Powerful Markdown App

ou lvhai無料posted withアプリーチ

関連する記事