Wordpress

【Google AdSence】「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」を3分で解決する方法

Google AdSenceをチェックしていたら、下記のような文章がトップページに出てきてしまいました。

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります

何のことかさっぱりわからないけど、赤い文字でトップページに出続けているので、深刻な状況かと不安になり調べてみました。

結果的に、3分ほどで解決しましたので手順を記載しておこうと思います。

ads.txtファイルとは?

「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」と出ている横に、ヘルプと書かれたリンクがあるのでクリックしてみてください。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言はIABによるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSenceなど)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

Google AdSence

上記のようなことが書かれていますが、読んでもはっきり言って「?」という感じです。

クボヒロ

こういうことって難しく書きすぎだよね。もうちょっと分かりやすく書いて欲しいな〜

下記の文章に注目してみてほしいです。

サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ようするに、ads.txtをサイトに作成(設置)すれば、偽の広告が提供されることを防げるということだそうです。

あまりPVのないブログでは大したことがないかもしれませんが、たくさんのPVがあるサイトだと偽広告は致命的なダメージになると思います。

ハムスター

とにかくads.txtを作成して、この警告文を消してしまうのだ!

ads.txtファイルの作成のしかた

色々ぐぐってみたのですが、ads.txtファイルを作成している人が多いようでした。

が、私の場合は警告文>ヘルプ>次へ(ads.txtファイルのクローラビリティを改善する)より、ダウンロードボタンがあってそこから直接ダウンロードすることができました。

スクショを撮り忘れてしまったので、ダウンロードボタンがどのあたりに出てくるかあやふやなのですが、ボタンが出た方はそちらからダウンロードしてください。ads.txtというファイルがダウンロードされたらOKです。

ダウンロードできない方はファイルを作成してください。(ads.txtファイルの作成はぐぐればすぐに出てきて、しかも簡単です)

一応簡単に書きますが、以下のような文字列(コピペOK)をメモ帳で作り、00000…というゼロのところを、自分のサイト運営者IDに置き換えます。(サイト運営者IDは、Google AdSenceのメニュー>アカウント情報から見られます。)

コピーして使ってね

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ads.txtファイルをサーバーにアップロードしよう

ここからは、ご自身が使っているサーバーによって手順が若干変わります。が、やっていることは同じです。

ads.txtファイルを、自分が使っているサーバーへアップロードすればOKです。

私はエックスサーバーを使用しているので、ここからはエックスサーバーにアップロードする方法を記載します。

3分もかからないほど簡単なのでちゃちゃっとやってしまいましょう。

╲ エックスサーバーはブログ初心者さんにもおすすめの高速サーバーです ╱

インフォパネルへログインし、ファイル管理を選択する

まずはエックスサーバーのインフォパネルへログインしましょう。サーバーパネルではありません。

画面の中央あたりにある、契約一覧のサーバーの右にある、ファイル管理をクリックします。

サーバーファイルをいじるので、手順等を間違えないようにしましょう。不安な方はバックアップなどを取るか、ads.txtファイルは設置しないという手もあります。(警告は出続けてしまいますが・・)

ドメイン名>「public_html」をクリック

ドメイン名>/public_html/の順にクリックします。

ads.txtは/public_html/へ置くことになります。

ファイルのアップロードからads.txtファイルをアップロードする

右側のファイルのアップロードより、ダウンロードしたads.txtまたは自分で作成したads.txtファイルをアップロードします。

ファイルを選択からads.txtを選び、右下のアップロードボタンを押せば完了です。

完了後は・・・

設置が終わったら、サーバーはログアウトし画面を閉じて構いません。

その後Google AdSenceのページをチェックすると、私の場合はすぐに警告メッセージが消えていました。

人によっては48時間ほどかかる場合もあるので、すぐにメッセージが消えなくても2日間ほど待ってみましょう。

クボヒロ

警告メッセージが消えないからといって、むやみにads.txtファイルをアップロードしなおしたり消したりするのはトラブルのもとになるので辞めようね

ads.txtファイルがきちんと設置できているか確認する方法

別に確認しなくても良いのですが、もしきちんとできたか気になる方はやってみてください。

下記を打ち込んで検索してみてください。

ドメイン名/ads.txt

白い画面に、このような文字列が表示されていたらOKです。

これが表示されていればOK

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

まとめ

「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります」と出た場合、ads.txtをサイトに作成(設置)すれば、偽の広告が提供されることを防げるということだということが分かりました。

警告表示文も結構邪魔ですので、深く考えずに気になった方はサクッと消してしまっても良いと思います。

エックスサーバーはブログ初心者さんにもおすすめの高速サーバーです