MENU
カテゴリー
ミニマリストおすすめの格安SIM→ 楽天モバイル

【iPad使いこなし】2021年に絶対買うべきiPadはAir第4世代に決定!

 

当ブログを運営している、Apple使用歴12年以上のクボヒロ(@Kubohiro7)です。
人生をよりミニマルにするための、ガジェットや使いこなし術を発信中!

このページでは、iPad Air(第4世代)の購入レビューと、iPadを日常でどういう風に使っているか、などをご紹介しています。

この記事の要約
  1. iPadは動画や電子書籍ビューアーにぴったり
  2. Apple Pencilを併せて使うとペーパーレスになれて、ミニマリストにも最適
  3. iPad Airの第4世代は、リーズナブルなのにハイスペックで万人におすすめできる機種
目次

iPad Air第4世代をつかってみた感想

発売日2020年10月23日
大きさ10.9インチのみ
重さ460グラム前後
容量64GB, 256GB
チップA14 Bionic
認証方式Touch ID(指紋認証)
カラーシルバー
スペースグレイ
グリーン
スカイブルー
ローズゴールド
税込価格69,080円から

私が今までに買ったiPadは、iPad初代、iPad pro(9.7インチ)、そして今回購入したiPad Air第4世代の計3台になります。

iPad pro(9.7インチ)は発売してからすでに5年以上経っています。iPad OSも進化し、動作がかなり重くなってきたため、

今現在で出ているiPadの中で一番新しく、値段もリーズナブル、Touch IDを搭載したことによりベゼルがかなり狭くなった、ということで、iPad Air第4世代を購入しました。

 

Airシリーズは、カラーが豊富なのも良いですよね!

iPad pro9.7からの買い替えは大正解!

結果的に、iPad pro(9.7インチ)からの買い替えは大正解でした!

さすがに発売から5年も経っていると動作が重かったので、iPad Air第4世代に乗り換えたことで色々なアプリがサクサクに動くようになりました。

また、iPhoneを12miniにしたので、同じようなデザインで統一感が出たのも気に入っている点のひとつです。

iPad Air第4世代の良いところ
  • 11インチと大きいながらも、460グラムの軽量ボディ
  • Touch IDの搭載によるホームボタンの廃止で、ベゼルが極狭に!
  • Apple pencil2が使える(磁気コネクタによりiPadから直接充電○)
  • Smart connector搭載により、Magic Keyboardが使える

また、iPad proシリーズを持っていた私が「Air」を使った感想としては、「proでなくとも良かったじゃん!Air快適すぎるじゃん!」というところがあります。

というよりも、今作の「iPad Air第4世代」の出来が良すぎるのでしょうね。

無印iPadでは物足りない(スペック不足)けど、pro程はスペックが必要ない。といった立ち位置の人にはかなりおすすめのできる機種となっています。

Magic Keyboardとの併用でPCライクに使う

iPad Air第4世代にはSmart Connectorが搭載されているので、Magic Keyboardを使うことができます。

キーボードで打ち込むだけでなくタッチパッド操作もできるので、PCとタブレットの良いところ取りみたいなポジションが良いですよね。

 

Magic Keyboardを装着すると、見た目は本当にPCって感じ!

iPad OSの登場によりカーソルが出せるようになったため、Apple製のMagic Keyboardだけでなく、他社製のタッチパッドが付いているキーボードやマウスが使えるようになったのは大きなポイントだと思います。

【iPadの種類】どれを買えばいい?

iPadには普通のiPad(無印)、Air、mini、proの4種類が存在します。

ざっくりと、iPadの種類別に「使い分け方」をまとめてみたので、どのiPadを買おうか迷っている方は参考にしてみてください。

無印iPad動画や本を見たりするのにピッタリのスタンダードモデル
iPad mini小さくて軽いので出先で使いたい人向け
iPad Air(4)見るだけでなく、ブログやちょっとした写真編集なども○
iPad Proさらに高度な写真・動画編集をする方向け
※Airは第4世代のみの比較

iPad mini → 無印iPad → iPad Air第4世代 → iPad pro の順番で性能が良いとざっくり考えてOK

やはりタブレットなので、「何かを大きな画面で見る」ということに特化しています。

それに加え、iPad proシリーズでは写真や動画編集などもサクサクとこなすことができます。

 

自分がiPadでどんなことをしたいか、考えてから買うのがおすすめ!

Apple(アップル)
¥106,800 (2021/09/10 16:48時点 | Amazon調べ)

具体的にiPadを日常でどう使う?

iPadでできること
  • 大きい画面で写真や動画編集をする
  • Kindleなどのブックアプリで本を読む
  • SafariやYoutubeも大画面で。huluやNetflixなども楽しめる!
  • Apple pencilを使えばお絵かき、勉強などのノート取りにも使える
  • iPadだけでブログの更新ができる(Magic Keyboardの併用がおすすめ)

iPadの大きな画面を活かしてできることは多いです。

Macbookとは違いタッチ操作もできますし、iPad OSが実装されたおかげでiPhoneとの棲み分けもハッキリしてきました。

「大きな画面でタッチ操作を行う」また、「Apple pencilを使って描画ができる」のはiPadだけの特権です。

まとめ

この記事のまとめ
  1. iPadは動画や電子書籍ビューアーにぴったり
  2. Apple Pencilを併せて使うとペーパーレスになれて、ミニマリストにも最適
  3. iPad Airの第4世代は、リーズナブルなのにハイスペックで万人におすすめできる機種

無印iPad以上には使い込むけど、proを買うほどではない・・・そんな人にはAirがおおすめです。

 

iPadとApple pencil、Magic Keyboardの3点組み合わせで、ペーパーレス、PCレスが叶っちゃうかもしれません。
ミニマリスト的には十分ありだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらから記事をシェアできます
目次
閉じる