MENU
カテゴリー
ミニマリストおすすめの格安SIM→ 楽天モバイル

【iPhone12miniレビュー】小さいからiPadと差別化できていい感じ

 

当ブログを運営している、Apple使用歴12年以上のクボヒロ(@Kubohiro7)です。
人生をよりミニマルにするための、ガジェットや使いこなし術を発信中!

このページでは、iPhone12 miniのレビューを書いています。

小さくても高スペックのiPhone12 miniは出先でも大活躍しているのですが、さらにiPadの使い方がより明確になったという最高のメリット付きでした。

この記事の要約
  1. 小さい・軽い・そしてリーズナブルの三拍子を揃えた iPhone12 mini
  2. おうちではiPadで、出先では小さくて軽いiPhone12 miniと使い分けると○
目次

iPhone12 miniのスペック

発売日2020年11月13日
チップA14 Bionic
カメラ超広角、広角カメラ
画面のサイズ5.4インチ
画面OLEDディスプレイ
耐水性能IP68等級
カラーブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
パープル
容量64GB
128GB
256GB
重量133g
SIMデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
対応事項Magsafe / Face ID

iPhone8が4.7インチでしたが、その後はどんどん巨大化の止まらないiPhone。「miniシリーズ」は待望のサイズですよね。

また、最近のiPhoneは10万円台のものが多くなってきていますが、iPhone12 miniは82,280円(税込)から購入することができます。

小さい・軽い・そしてリーズナブルの三拍子を揃えたのがiPhone12 miniです。

 

チップも12proと同じだからすごいよね

iPhone12 miniパッケージ内容
iPhone12 miniパッケージ内容

iPhone本体と、充電ケーブル(USB-C→ライトニング)と説明書しか入っていないので、「もう充電器やEarpodsは持ってるから要らない!」というミニマリストにも(環境にも)優しいパッケージになってます。

Apple(アップル)
¥74,700 (2021/09/14 13:06時点 | Amazon調べ)

一番小さな12 miniにした理由

iPhone12 mini(ホワイト)

私が11 proから12 miniに買い替えた理由は、下記の3点があります。

  1. 価格が安いのに高性能だから
  2. とにかく出先で軽く使いたかった
  3. iPadと使い方をより差別化したかった

安くて軽いiPhoneはSE(第二世代)もあるのですが、カメラの広角レンズがないのと、5G通信が使えないのがなんだか頼りない。(12 miniではどちらも使えます)

また、私はiPadを所持しているのでわざわざ「iPhoneで大画面で見たい!」ということがなかったというのもあります。

出先では持ち運びしやすく、なおかつ性能(カメラ機能も含め)も妥協せず、ついでに価格も安い。

それが、iPhone12 miniなのです。

 

ミニマリスト的には、iPhone12 miniは「軽くて安くて性能よし」というコスパの良さが気に入っちゃいました

とにかく小さい・軽いのがメリット

写真でパッと見ても分かるように、iPhone12 miniはめちゃくちゃ小さいです。

一番大きいサイズの12 pro maxと比べると、とても差を感じますよね。

比較12 mini12 pro max
131.5mm160.8mm29.3mm
64.2mm78.1mm13.9mm
厚み7.4mm7.4mm同じ
重さ133g226g93g
画面サイズ5.4インチ6.7インチ1.3インチ

コミック漫画の1冊が、だいたい190ページ弱が150~160gなので、iPhone12 miniはそれより軽いということになります。

 

初めてiPhone12 miniを手に持ったとき、「これ本当にスマホ???おもちゃじゃない?」と思うくらい軽すぎてびっくりしましたw

重さだけでなくサイズも小さいので、手の小さな女性でもラクに持つことができます。

このサイズでも、画面は5.4インチあるんです。ベゼルの狭さがいい仕事してるってことですね!

ポーチに入っているiPhone
 

本体サイズが小さいので、小さなポーチにも入ってしまいました!
これに免許とクレカと鍵も入れたら、お出かけできちゃいます

iPadとの差別化ができる

iPadで出来ることのほとんどがiPhoneでもできちゃいますが、それでもiPadを使う理由は、「やっぱり画面が大きくて見やすいから!」ですよね?

でももし大きなサイズのiPhoneを買ってしまえば、iPadの出番がなくなってしまうかもしれません。

つまり、

  • このくらいの動画ならiPhoneで観てもいいかな
  • iPhoneで動画編集できると思ってしてみたけど、やっぱり小さい!

・・・と、「とりあえずiPhoneでやってみるか」というワンクッションが生まれてしまいます。

 

実際に私はこれで、ストレスを感じた!

小さいiPhoneを買うと、今使っているiPadの役割がより明確になるんですよ。

  • おうちでは大きな画面のiPadで動画をみたり作業する
  • 出先では小さなサイズのiPhoneでSNSや調べ物をサクッと!

・・・と、こういう風に決めちゃうと、「なにをどれでやろう」と悩まなくていいので思考がスッキリします!

 

「iPhoneが大きいと色々出来ちゃう」は、人によってはデメリットになる可能性もあるということですねー。。

iPhone11 proとのデザイン比較

せっかくなので、前に使っていた11 proと比較してみることにしました。

11シリーズは角が丸くなっているのが特徴ですが、12シリーズは角張ったデザインです。

写真で見ると11 proは大きく感じるのですが、実は12 miniとはたった0.4インチしか変わらないんですよね!

 

よく見るとベゼルの狭さがぜんぜん違う!

12 mini / 11 pro

この角ばりボディが、「ガジェット感もりもり!」で私は結構好きですw

iPhone12 miniは小さい中に高性能を詰め込んだ「夢のあるガジェット」

とにかく小さい!軽い!

「これおもちゃかな?」と思ってしまうほど、軽くて小さいiPhone12 mini。

よくよく考えてみたら、

免許証を1.5倍くらいにした大きさで、コミック本1冊程度の重さで、A14チップが入ってる

・・のがiPhone12 miniなんですよね。恐ろしい。

まとめ

この記事の要約
  1. 小さい・軽い・そしてリーズナブルの三拍子を揃えた iPhone12 mini
  2. おうちではiPadで、出先では小さくて軽いiPhone12 miniと使い分けると○

軽くて安いだけならiPhone SE(第二世代)という選択肢もありますが、それよりもちょっと背伸びしてカメラ性能と5G通信ができるiPhone12 miniを選んで大正解でした。

Apple(アップル)
¥74,700 (2021/09/14 13:06時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらから記事をシェアできます
目次
閉じる