生ゴミを冷凍することにしたお話。こんなに快適だったなんて・・・!

最近私の家では、生ゴミを冷凍することにしました。今まで「生ゴミは臭いし、コバエがわく!」とずっと悩んでいましたが、生ゴミを冷凍して以来はこの悩みが一切なくなりました。

夫さん

生ゴミを冷凍庫に入れるなんて有り得ない・・・

生ゴミを冷凍庫に入れることには確かに抵抗感があったのですが、「生ゴミを入れるスペースを確保し、食品ときっちり分ける」ことによって全く問題ありませんでした。

筆者

冷凍庫の整理もできて一石二鳥でしたよ!

もし今あなたが生ゴミの処理に対してちょっとでも悩んでいたら、ぜひコレを機会に「生ゴミ冷凍」はじめてみませんか?

生ゴミは腐敗させる前に冷凍してしまえば、「汚いもの・臭いもの・虫がわくもの」といったネガティブなイメージは全くなくなってしまいますよ!

この記事を書いている人
  • 築古のUR団地で夫婦2人ぐらし
  • 90年生まれ・ミニマリスト歴は約10年
  • ミニマリストになり汚部屋&ローン地獄から脱出
  • 夫婦で月7万円台で暮らしていくのが今の目標!!

#エコ #節約 #ゆるい #見栄なし #ある物で生活 #物に頼りすぎない暮らし

目次

生ゴミを冷凍してみたら最強でした!

生ゴミはこんな物!
  • 食器洗いのときに出た食べかす
  • 切った野菜から出る野菜くず
  • 卵の殻や魚の骨、肉の脂身
  • コーヒーやお茶の出がらし
  • 液体調味料の袋
  • カップ麺や臭いの強い缶など

家庭内で出る生ゴミはこれらのものですよね。常温で放置しておけばあっという間に嫌な臭いがしてきます。

筆者

最近私の住む市では、ゴミ袋が有料になっちゃいました・・。だからなるべくゴミは週イチくらいで溜めて出すのが理想。でも、生ゴミを放置するのは絶対に嫌!

生ゴミを収集日まで溜め込めば臭いやコバエの原因になるし、かといって週2回のゴミ出しだと有料化した袋代や、袋にあんまり溜まってない状態でゴミを出すのが気になっていました。

なので、生ゴミを冷凍庫で冷凍することにしました。最初はちょっとだけ抵抗がありましたが、今では逆に「何で今までこうしなかったんだろう?」という強い疑問を感じるほどになりましたよ。

  • コバエが全然出なくなった
  • 生ゴミ臭が一切なくなった
  • ゴミ袋がいっぱいになってからゴミ出しができるようになった

こんな感じのメリットを強く感じられています。もう、夜中に「生ゴミに虫がわいてたらどうしよう」と悩んで眠れないことも今では一切ありません!

生ゴミを冷凍するメリット・デメリット

メリットデメリット
コバエが居なくなる
生ゴミ臭が気にならなくなる
家族の了承を得にくい
冷凍庫にある程度のスペースがいる

生ゴミを冷凍してしまえば、生ゴミが腐敗して臭ったりする心配がなくなります。生ゴミが臭わなければ、コバエやその他の虫などが寄ってくることもないので、安心して生活できるようになります!

しかも、虫がいなくなるということは殺虫スプレーなどを買う必要もなくなってきます。もちろん、生ゴミ臭を消すための消臭スプレーも買わなくて良くなりますよ。

逆にデメリットと言えば、「え?!生ゴミを冷凍庫に入れるの?!」と家族からのブーイングがあるかもしれません。確かに、「ゴミ」と思っているものを冷凍庫へ収納するのは、たとえ一時的でも嫌な感じがしますよね。

でも、冷凍庫に生ゴミスペースを確保して食品としっかり分ければ、そんなに抵抗感はないんですよ。ぜひトライしてみてください。

生ゴミを冷凍する方法【冷凍庫でOKです】

我が家で実際におこなっている、生ゴミの冷凍方法をご紹介します。まずは冷凍スペースを確保するところから始めましょう。

冷凍庫内に生ゴミのスペース確保

我が家の冷凍庫は引き出しが4つあり、そのうちの一番下の段を生ゴミ専用のスペースにあてることにしました。

もともとガッツリ冷凍食品などを保管していましたが、これを機にしっかりと整理し、食品は3段のみでおさめることにしたのです。

生ゴミを冷凍庫に保管するルーティン

  1. 生ゴミはプラ容器にためておく
  2. ある程度たまったら、冷凍庫へ保管
  3. 燃えるゴミの日に捨てる(少ない場合は次の収集日へ)
  4. 冷凍庫内に新しい新聞紙、袋を用意する

冷凍庫内に「生ゴミスペース」を作り、新聞紙を敷きます。生ゴミをまとめられる袋を入れておきましょう。

料理などで出るちょっとした生ゴミは容器にためておき、料理が終わったタイミングなどで冷凍庫に保管します。また、魚の缶詰やカップ麺の容器など、臭いの強いものも保管できちゃうんです。

筆者

ゴミ出しまで時間がある「臭いの強いもの」はなんでも冷凍しちゃってます!

袋がいっぱいになったらまとめて燃えるゴミで出します。生ゴミをためる容器はプラ容器ならさっと洗えるし、小さいものにしてなるべく「溜め込む前に冷凍」がおすすめ!

我が家では排水溝ネットを使っていないので、洗い物などで流れ出た「食べかす」はペーパーで拭い取り、生ゴミとしてその都度処理しています。

【追記】生ゴミを乾燥させてから冷凍することにしました

生ゴミの水分を切らないまま冷凍すると、溶けたときに水分が出て、ゴミ回収の人が困るという情報を知りました。

そこで、即冷凍するのではなく、水分をしっかりと処理することにしました。

  • 手で絞れるものはしっかりと絞り切る
  • 太陽や風通しのよい場所に、竹ザルなどを使って干す(室内でOK)
  • 一時的な生ゴミ入れも、竹で編んだものなど通気性のよいものに変える

冒頭で「週一回のゴミ出し」と書きましたが、現在では「生ゴミは、生ゴミだけの袋(20リットル)を用意し、月イチで出す」ことにしています。(生ゴミ以外の燃えるゴミとは袋を別にしています)

夫さん

「生ゴミ冷凍」をしないと、月イチなんてできないよね。

袋も(私の住む市では)有料化してしまいましたし、それに袋も資源ですから、なるべくゴミを出さないようにするのはもちろん、袋がスカスカのまま出さないようにするためには、生ゴミ冷凍はおすすめです。

生ゴミに水分があると、ゴミの焼却炉の温度が下がってしまいエコではありません。生ゴミの水分をしっかりと切ってから冷凍するようにしましょうね。

この記事のまとめ

「生ゴミを冷凍するなんて抵抗がある!」と思っていましたが、実際に生活に取り入れてみると、「何で今までやってこなかったんだろう?」と疑問に感じるほど、快適になりました。

冷凍食品と生ゴミはしっかりと分けることで気になりませんが、もし「それでも気になるよ!」という方がいたら今一度考えてみてください。「生ゴミはもともと食べ物だった」のです。

筆者

さっきまでお皿についていた食べ物が、汚いなんて思わないですよね?

「生ゴミ=放置して腐敗して臭い」と思っているからこそ、ネガティブなイメージがわいてしまうんです。なので、生ゴミは腐敗させる前に冷凍してしまうのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらから記事をシェアできます
目次