資格・勉強

【資格に挑戦】ミニマリストはモノを持たず知識を持つ

クボヒロ

こんにちは、クボヒロです。
(@Kubohiro7)

私は今「消防設備士」の資格勉強をしています。ざっくり言うと、消火器を整備出来るようになる資格です。

今回は、なぜこの資格を取る必要があるのか、また他に所持している資格や、資格を取るメリットについても書いていきたいと思います。

消防設備士の資格を勉強する理由

消火器の勉強をしたいと思ったのでやり始めたのですが、そもそも消火器に興味を持ったのは「危険物取扱者」という資格を勉強してからでした。

火を消す仕組みなどが面白かったのですが、危険物取扱者だと突っ込んだところまでは消火器について勉強しません。

消火器っていざという時に使える自信がないし、知ってても損する知識じゃないと思って勉強しています。

他に持っている資格(2018年7月現在)

1年前から、年齢の焦りとか就職の不安が出てきて、資格勉強を始めていました。(今となっては就職はしないと決めたので、趣味の範囲内に収まっていますが!)

  • 食品衛生管理者
  • ITパスポート
  • 簿記三級
  • 危険物取扱者乙4

今持っているのはこれだけですが、これらは1年間で全て取得することが出来ました。

運転免許は26歳の時に

更にその1年前には運転免許も取りました。

26歳の時に取ったんですが、ふつうは高校卒業あたりに取るのが主流なんでしょう。教習所には高校生しかおらず、少し肩身が狭かったです。

ただ、意外と私くらいの年齢の女性は、免許持っていない人も多かった気がします。(同級生とか)
今の世の中、男性でも車運転しない人が増えてるから、免許も要らないみたいな人も多いらしいですね。身分証ならマイナンバーカードがあるし。

ちなみに私は頑張ってマニュアルで取りました。せっかく取るなら、大は小を兼ねる方が良い!と思って。マニュアルが運転できれば、ざいというときにトラックなども運転できるのでおすすめです。

ミニマリストが資格勉強をした方がいい理由

ミニマリストは物を買わないようにしますが、知識は物ではないので部屋を圧迫しませんよね。

物は有限だけど、知識は無限。

この法則の気持ちよさに気づき、私は資格の勉強をしています。

ハッム

物も買わなくて、勉強もしなくていいじゃん

確かにそうも思いますが、私は勉強することによって無駄な買物もしなくなった気がします。

この化粧品を買うなら、Kindleで本を買おう!みたいな感じです。(化粧品は流行り廃りや、使用期限があったり、大体は最後まで使い切れない。)

ちなみに参考書も物だから部屋が圧迫されるわけですが、Kindleアプリならデジタルなので大丈夫!(たまにKindleに無い本は仕方なく「物」で買っています。)

Kindleについてはこの先でご紹介します。

  • 勉強することで気が引き締まり、物を買わなくなる
  • 知識が増えるとワクワクする
  • 試験に合格することで、自信に繋がる

フリーランスはただでさえ社会とは遠い存在なので、日々自信がなくなってくることも少なくありません。資格勉強をするとちょっとその気が紛れるような気がします。

物はなくても良いけれど、知識はあって越したことにありません。

ミニマリストの資格勉強のどうぐ

勉強となると参考書という「物」が増えてしまいます。

また、ペンやノート、ノートに貼るふせんなどなど・・・。100均でかわいい付箋を見つけては、ほとんど使わないのに買い込んでしまうという自体に陥ってしまいます。

私は参考書もペンもノートも、もちろん付箋も持っていません。

代わりにこれを使っています。

iPad Pro + Apple pencil

これが参考書とノートとペンの役割をします。

参考書アプリはKindleがおすすめ。ノートアプリはGoodnotes4一択です。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

GoodNotes 4

GoodNotes 4

Time Base Technology Limited¥960posted withアプリーチ

Goodnotes4は5にアップデートされました

GoodNotes 5

GoodNotes 5

Time Base Technology Limited¥960posted withアプリーチ

iPadで資格勉強をする

iPadは、splitview(スプリットビュー)という画面分割機能が使えるので、半分はKindleで参考書、もう半分はGoodnotes4とApple pencilでノートを取る、ということが出来ます。

▲ Splitviewの例

参考書の画像をドラッグして、ノートに貼り付けることも出来ます。

雑に書いてもあとで投げ縄ツールで文章の移動が可能だし、ペンのインクや消しゴムの減りを気にする必要もない。

バッテリーさえ押さえておけば、この組み合わせに慣れるとなかなかアナログのノートやペンには戻れなくなります。

まとめ

資格を取るということは、知識と自信が増えるということになります。

知識は物ではないので部屋を圧迫しないし、参考書やノートもアプリを活用すると、iPad(とApple pencil)のみで完結できます。

私は勉強するようになってから、気が引き締まって、余計な物を買うことも少なくなったように思えます。自分自身にストイックになるからでしょうか。ミニマリストにとっては、衝動買いがなくなるのは良いことですよね。

今勉強している消防設備士の試験は、もう来週末に迫っています。今回はとても勉強時間が短く、合格できるか不安ですがとりあえずやってみようという感じです。

また、合格しても不合格でも、これからも資格勉強を続けていこうと思っています。資格の所持というよりは、勉強するということに意義があると思っているからです。

9/17追記(試験合否)

クボヒロ

消防設備士乙6落ちてました;;

教科書のせいにするわけではないのですが、教科書に載っていないことが実技試験に出てしまいました。

消防設備士乙6落ちた人からの助言

  • 教科書はなるべく最新のものを買う
  • 実技試験がとにかく難しい

教科書はなるべく最新のものにしないと、私のように「こんなの学んだ覚えもないんだけど・・」になりかねません。

筆記試験は過去問題をやっていれば問題ないかと思いますが、とにかく実技試験に注意してください。

それと、地味に漢字の書き取りにも注意です。減点されるか否かは分かりませんが、しっかりと書けたほうが安心です。(もし減点される場合、その数点が命取りになったら勿体無い)

「こういう手順(間違った方法)で消火器の点検をしていますが、正しい手順を書きなさい」のような問題があるので、仕組みをきちんと理解するのはもちろん、上手く文章にするちからも必要になってきます。

筆記試験が終わってから実技試験だと思っていたのですが、問題用紙および解答用紙が同時に配られるので、どちらからやっても構いません。私のおすすめは、筆記試験から先にやることです。

理由は、筆記はどちらかというと暗記していれば出来る。直前まで教科書を見ている人が多いと思うので、覚えたことがすぐ回答に書けるかもしれないからです。

実技試験のあるないでこんなに難しいとは・・。無念。でも、消火器の勉強ができてとても為になりましたよ!

機会があればまた受けに行きたいです。