掃除・お手入れ

珪藻土マットの吸収力を戻して綺麗にする方法

クボヒロ

こんにちは、クボヒロです。
(@Kubohiro7)

珪藻土マット、最近では100円ショップでも買えたり、コースターやキッチンのお皿の水切り用などと、色々な商品が増えましたよね。

特にお風呂用マットは我が家でも愛用中。珪藻土なら瞬時に、足ウラの水分が吸収されてサラサラに・・・!

ただし、その珪藻土、お手入れしてますか?

買った当時はサラサラでしたが、使うごとに水分吸収率は落ちてきます。が、お手入れの仕方によっては買った時と同じような新品レベルまで戻すことが可能です。

珪藻土ってなに?なんて読むの?

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

吸湿性を生かして、成形されたものが乾燥剤として利用されている。製品例としては調味料の吸湿剤、風呂マット、家屋内装の調湿建材などが挙げられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/珪藻土より抜粋

珪藻土は吸湿性があるので、お風呂マットで使われることは知っている人も多いのではないでしょうか。しかし、家屋内装の調湿建材としても使われるようです。

無数の小さな穴があって、そこから水分を吸い込み、放出させるそうです。だから瞬時にサラサラになり、いつでもカラっと乾いているんですね!

珪藻土の商品はいろいろ

珪藻土といえばバスマットですが、今は色々な商品が出ています。

お風呂(バスマット)

バスマットに使えば、瞬時に足裏はサラサラ。重いのが難点ですが、乾かして何度でも使えるので経済的です。

キッチンで

お皿やコップを洗ったあとの置き場所に。また、珪藻土のコースターならコップの水滴で机が濡れる心配もなくなります。

こんな柄入り珪藻土コースター可愛いですね。

ペットの水場に

ペットの水飲み場、どうしても水がはねてしまいますよね。珪藻土なら、ペットの肉球にも優しいし、水の飛び跳ねもしっかり吸収・放出してくれます。

調味料入れに

砂糖や塩が固まっていた!なんてことありませんか?

せっかく可愛い容器に詰め替えても、カリカリに丸まったお砂糖じゃ使いづらいですよね。ブロックや、計量スプーンを珪藻土にしてしまえばOKです!

珪藻土スプーンは見た目もコロンとして可愛いのでおすすめです。

容器全てが珪藻土で出来ている調味料入れもありますよ。

洗面所で

歯ブラシスタンド、石鹸ホルダー、ハンドソープディスペンサーの下に敷いたりと使いみちはたくさん!

洗面所は特に湿気や水分の多いところ。珪藻土を上手く使って、カビひとつない洗面所を目指したいですね。

珪藻土マットのお手入れの仕方

珪藻土バスマットなら、普段の使用後は立てかけておくだけですが、やはり吸収力が落ちていくものです。正しい方法でお手入れしましょう!

  • 月に一回、日陰で干す
  • 年に一回、やすりで削る

日陰で干すのは簡単ですよね。ちなみに、直射日光で干さないようにしてください!珪藻土に直射日光は禁止です。割れてしまいますから。

実際に削ってお手入れする前のポイント

さて、月に一度は日陰で干していてもやはり吸収力は落ちていくもの。そこで年末、年に一回の珪藻土のお手入れということで、削ってみました!

▲ これは実家の珪藻土バスマットです。
▲ ちらほらシミもあり、全体的に黒ずんでいるのが気になります。
▲ 早速磨いていきます。
使うヤスリは下記の商品です。

使うものは中目の紙ヤスリ

ヤスリには粗目・中目・細目と3種類あります。

珪藻土を削るには、中目が良いです。粗さを表す数字が記載されていますので、その数値を見て判断しましょう。

中目だと#120〜#240あたりです。#180くらいがちょうどいいのではないかと思います。(今回は#180を選びました。)

購入した珪藻土によっては、お手入れ方法が記載されていて、そこに指定されたヤスリ数値が書かれている場合があります。その場合は、そのヤスリの粗さに従ってくださいね。

珪藻土バスマット69cm x 39cmの大きさ(両面)で、使う紙ヤスリは10cm x 15cmほど使用しました。

実際に削ってみる

削りカス(粉)が飛び散るので、空調などはオフにし新聞紙を敷いて作業します。外で行うのも良いと思います。

▲ 上半分を磨きました。下の部分とくっきり境目になったのが分かりますか?
▲ 片面が終わりました。綺麗!
▲ もう片面も終了。とても白く綺麗になりました。
▲ 削りカスはこのくらい出ました。
▲ 10x15cmほどに切った紙やすり。
まんべんなく削ったけど少し余裕がありました。

お手入れしたビフォー・アフター

▲ 削った箇所と削ってない箇所のビフォアアフター。
くっきりですね!
◀ビフォアー・アフター▶

削ったあとの吸水力は?

はい、見事に戻りましたよ吸水力!

10分くらい削っただけで、買ったときと同じくらいの吸水力に戻りました。

家族は「買い換える」と言っていたため、紙ヤスリで削っただけでまた利用してくれるのは地球にもエコだし、捨てる手間もなくなって万々歳です!!

クボヒロ

割れたりしなければ、ヤスリで削ってずっと使い続ける事が出来るよ

まとめ

珪藻土は半永久的に使えるとはいえ、やはりお手入れをしないとだめなのですね。

紙ヤスリは安い上に、年一回の珪藻土を削るくらいならそんなにたくさんは使いません。年末の大掃除に、まとめて削ってしまうなどしてお手入れしましょう。

吸水力がなくなったら捨てて買い換えるのではなく、紙ヤスリで削ることにより吸水力が復活するので、地球にも優しい珪藻土の使い方です。

  • 月に一度、日陰で干す
  • 直射日光には絶対に当てない
  • 年に一度、紙ヤスリで削る
  • 紙ヤスリは中目のものを(#120〜240)
紙ヤスリは中目のものをどうぞ。
割れたりヒビが入ってしまった場合、買い替え時です。
こんな石鹸置き場もかわいい〜!
こんなに可愛い柄つきもあるの?!欲しい!!!