掃除・お手入れ

【水質汚染】そんなに食器を洗う必要ある?【手荒れ】

こんにちは。クボヒロです。(@Kubohiro7

みなさん、食器洗い用の洗剤はどうしてますか?

最近では、洗浄力の高い洗剤が増えていますよね。

がっつり油汚れでも、たっぷりの泡でふんわりみるみる落ちていく・・・。
化学の進化ってすごいと思います。

ただ、最近気になるんですよ。洗浄力の強いものは環境には悪いってことがね・・・

今回は洗浄力の高さが環境汚染へ繋がるのか、また洗浄力の高い洗剤の必要性について書いていきたいと思います。

洗浄力が高い洗剤は環境に悪いのか

日々便利になっていく今の日本では、せっけんよりも強力な洗浄力を持つ界面活性剤が含まれた合成洗剤が主流となっています。どこのメーカーでも競って新製品を出しているので知らず知らずのうちにお世話になっている人も多いのではないでしょうか。

この合成洗剤に含まれる界面活性剤は、石油が原料の化学物質でできていて、食器洗剤や衣料用洗剤にはじまり、シャンプーリンスや化粧品、歯磨き粉にまで含まれていることがあります。

これらの合成洗剤は、大変便利な面があることは確かですが、天然由来のせっけんに比べると下水処理をしても完全に分解、処理をすることが難しく、河川を汚す原因となっています。

by 水質汚染は生活排水が大きな原因!?いつまでもおいしいお水を飲み続けるために知っておくべき大切なこと

界面活性剤のおかげでお皿の汚れは良く落ちるが、そのぶん環境には負担になっているということですね。
また、界面活性剤は手荒れの原因にもなります。

その食器そんなに洗わなくちゃダメ?

最近までは強めの洗剤を使っていたのですが、手荒れもするし、あまりにも泡立ちが良すぎて逆に気になっていました。
だって、たかだか水を飲んだだけのコップを泡がモッコモコになったスポンジで洗うんですよ?

界面活性剤はどんなにすすいでも微量に食器や肌に残るそうです。

ですので、最近は水を飲んだだけのコップや、食パンを乗せただけ、油汚れのないお皿などはほとんど水(お湯)とスポンジだけで洗ってしまいます。

『洗剤使わないとか汚すぎ~!』って言う人もいるかもしれません。でも私が思うに、こんにちの日本人は洗いすぎだと思うんですよね。

洗剤を使わないと汚いというイメージが頭にこびりつきすぎて、たくさん洗剤を使う(水質汚染) = それが手荒れに繋がる = 皮膚科や手荒れクリームのお世話になる

泡切れや油落ちの良い洗剤がどんどん発売されて、お皿がキュッキュ鳴らないと汚い、泡切れが良くないとストレス、という洗脳にハマっていく感じ。

・・・これってなんかおかしいとは思いませんか?

強い洗剤をやめたら手がピカピカになった

簡単な汚れなどは水とスポンジだけで洗うようになりましたが、手荒れが収まってきました。

image description

強い洗剤を使っていると、爪のところにささくれが良く出来ていましたが、最近はめっきり出来なくなりました!ばんざーい!

洗浄力がそこそこあって環境にやさしい洗剤があります

さて、水とスポンジだけでは落ちない油汚れもありますよね。
私はこれを使っています。

フロッシュ 食器用洗剤です。

見た目も可愛いし、何より成分がエコ!
宮崎あおいさんがCMしてましたよね。ナチュラルな感じで可愛かったです(*´ω`*)


私はこんなふうに直接スポンジに垂らして使っています。


卵焼きを焼いたあとの油汚れも、スッキリ落ちました。

一応、強い洗剤も置いている

だいたいはフロッシュで落ちていますが、一応強い洗剤も100均一の容器に詰め替えてスタンバイしてあります。

あまり出番は少ないんですが、あまりにも酷い油汚れの時は使ったりしますね。
でもなるべく少量にして、完璧に落としすぎないことを重視しています。

まとめ

界面活性剤たっぷりの洗剤は、水質汚染にも繋がるし、手荒れの原因にもなります。
完全に悪と言っているわけではなく、私もたまに使っています。

軽い汚れはフロッシュや水洗い、ひどい油汚れには強めの洗剤と使い分けることが出来ると、環境やお肌に優しい暮らしが出来るんじゃないかなぁと思って実践しています。

『何がなんでもキュッキュしなきゃダメなの!』という考え方も最近は疑問に思っているので、この洗剤の使い分けは自分でも気に入っています。手荒れも少なくなったので、嬉しい限りです。

環境とお肌を少しでもいたわってみませんか?

ギフトセットめちゃ可愛い!葉っぱのスポンジやカエルデザインのポンプも付いている♪

色んな香りや色があります。




パフュームフリーもあるので、香りが苦手な方にもOK!