住む場所(賃貸)

【公団】ミニマリストがUR賃貸に1ヶ月住んで感じたメリット・デメリット

クボヒロ
クボヒロ
こんにちは、クボヒロです。
(@Kubohiro7)

一年前の5月から激安賃貸に住んでいましたが、今年(2019年)6月24日にUR賃貸へ引っ越しをしました!

すでに1ヶ月以上経つので、そろそろ感想を書いてみます。

ミニマリストの私がUR賃貸へ引っ越し、感じたメリット・デメリットをお使えしたいと思います。

「ミニマリスト ✕ UR賃貸」の公団シリーズ第二弾。
第一弾の「URお金にまつわる話」は下記よりどうぞ!

UR賃貸の良いところ

まずは、UR賃貸に住むメリットをお話していきます。

実際にミニマリストの私が住んでみて「良かった!」と思ったことを書いていきます。

選ぶ団地によっては設備等や条件が違ったりするので、そのあたりはご了承下さいね。

今どきの団地は広くて綺麗にリフォーム済?!(3K)

私が引っ越しした団地は、間取りが3Kです。

もともと2LDK(その前は省略)→1K→3K(今回のUR賃貸)と来たため、今まで住んだ物件の中では一番広い部類に入ります。

団地はもともと、中層〜高層世帯向けの物件だったそうです。

家族みんなで住むことを想定して作られた造りなので、とても広い。そして、部屋の綺麗さですが、団地によりけり、もしくはリフォームしてあるかが鍵となってくると思います。

クボヒロ
クボヒロ
私が引っ越した団地の部屋はリフォームされていたよ!なのでとても綺麗なんだよね

我が家は現在二人暮らしのため、二人では十分すぎるほどの間取りです。

また、気になる部屋の内装は、「綺麗じゃん!」という印象。

団地って古い・ダサいという印象しかなかったのですが、ホームページの写真を見て綺麗だと思ったんです。実際に内見に行ったときも、写真と変わらずな印象。写真詐欺ということはなかったですw

造りは昔の人の暮らしをそのまま現代に持ってきた感じで、畳やふすまが印象的。だけど、畳はもちろん新品で、ふすまも今どきっぽい感じに壁紙や縁の色を変えてあるようでした。

クボヒロ
クボヒロ
より若い人が入居しやすいように、デザインも考えているのかもしれないね

キッチンも新しくなっており、キッチン前はクッションフローリングになっていて新品のものが張り替えられているようです。

壁紙はところどころ汚れがありましたが、取り替えるほどではない程度です。(URでもらえる冊子に、「現状で使えるものは可能な限り新品にしない」ようなことが記載されていました。エコで良いと思います。)

  • 団地は家族向けの物件であるためとても広い造り
  • 団地によって部屋の綺麗さは違う
  • 部屋によってはリフォームされていることがあり、綺麗で住みやすい

畳の効果やメリットが感じられる

https://www.pakutaso.com/

実際に、畳には下記のようなメリットや効果があります。

  • 湿気を発散してくれる(冬は加湿など、調湿効果
  • い草の香りはリラックス効果あり
  • ベッドがなくてもそのまま布団が敷ける
  • クッション性があるので赤ちゃんにも優しい
  • 吸音効果や振動吸収がある
  • アロマテラピー効果や鎮静効果、マイナスイオン発生など
  • 集中力アップで勉強にも最適(受験中は畳に部屋で勉強するという話もあるほど)

私が気に入っている畳のポイント

畳って良いですよね。我が家はUR賃貸に引っ越ししてから初めての畳生活です。

畳で良かったなと思うところは下記のとおり。

  • いい香りがする
  • さわり心地・寝心地が良い
  • 髪の毛やゴミなどの汚れが気になりづらい
畳の上に直接お布団が敷ける

今まではすのこベッドなどを使っていましたが、今は畳の上に直接マットレスを敷いて寝ています。

汚れが気にならない

あとこれは賛否両論あるとおもうのですが、畳だと髪の毛やゴミが落ちていても気づきにくいんですよ。汚れが見えにくい。

なので、掃除が少し出来ないような状況でも、汚らしく見えないところが気に入っています。

インスタグラムにはミニマリストが住む団地のお部屋の様子をアップしてるので良かったらチェックしてみてね
ぜひチェックを!
こんな写真を載せてます

街灯が多く、治安が良い

https://www.pakutaso.com/

我が家の団地は、街灯がたくさんあります。

夕方から夜にかけて全ての街灯が点灯するので、「夜は真っ暗でこわい!」ということがありません。

夜遅く帰宅しても、街灯があれば安心ですよね。また、階段部分も電気がついているので(スイッチでオンオフ可能)、真っ暗の中で鍵を探すということもありません。

明るいほど防犯的にも良いのですが、逆にデメリットもあって、夏場はセミが夜でも鳴きます。街灯のせいで明るいため、セミが昼間と勘違いして鳴くらしいです。これはちょっと迷惑な点ですね・・・。

また、団地内には「管理センター」という建物があり、なにかあればここに相談したりできます。

管理費を払っているため、常に団地内に管理をしている人がウロウロしています。(掃除をしたりしてくれる)安心ポイントですね。

UR賃貸の悪いところ

UR賃貸に実際に住んでみて、私が「このへん良くないな・・・」と思ったことを書いていきます。

ただ、逆にメリットにも感じるような見方も出てきましたので、それもご説明しますね。

天井が低いので頭をぶつける

団地のデメリットといえば、とにかくこれに尽きます。

団地は昔の人の体に合わせた造りになっているので、現代人には合わないです。

私は身長165センチ以上、旦那さんは185センチ以上のビッグ夫婦ですw

天井は全てが低いわけではなく一部ですが、その箇所は旦那さんは確実に頭に当たってしまいます。

ちなみに私はその箇所では当たらないですが、背伸びしたりすると当たります。また、お風呂場の段差を上がったりすると、風呂のドアの縁に頭をぶつけたりもします。キッチンの戸棚も低くて頭が当たります。

頭をぶつける旦那の図
旦那マン
旦那マン
めちゃくちゃ痛いよ!!

あまりにも可哀想なので対策をとった

ネットショップでついてきたエアーパックを、よくぶつける箇所に巻いてみました。

空気が入っているので頭をぶつけても弾力があるので、まだマシになると思います、(今の所これを巻いてからはまだぶつけていないw)

あと、カサカサするので、頭に当たったら気づくので回避にもなります。

クボヒロ
クボヒロ
見栄えが悪すぎるので、もっと良い方法を考えています^^;

5階は結構キツイけどメリットもある?!

我が家は5階。しかもエレベーターがありません。

古い団地にはエレベーターがついていることが少ないようです。うちもその例に漏れませんでした。

普通に上がるだけでも息が切れるのですが、特にスーパーの帰りとかで荷物が多いと・・・なかなかに辛いですw「途中で休もうかな」と感じるときもあります。

ただ、これにはメリットがあります。

  • 5階だと需要がないから家賃が安い
  • 勝手にエクササイズになる

やっぱり5階に住みたい!という人は少ないようで、需要がありません。そのぶん家賃も抑えられているところが多いようです。我が家も実際、他の部屋に比べると安いです。

また、ジムに通わなくとも嫌でも階段を上り下りするので、勝手にエクササイズになりますw

このおかげで痩せたということはまだありませんが、明らかに脚の筋肉と体力がついてきています。

個人的には、ジムに通うよりもこういった「日常のちょっとした動作」が大事なんではないかと思っているため、これはメリットとも感じられるようになってきました。

クボヒロ
クボヒロ
10kgくらい荷物抱えてるときは本当に辛いけどね・・・

クーラーやガスコンロ、網戸などがない

これはがっかりポイントです。

団地によりけりですが、民間の賃貸には付いている設備が団地では付いていないことがあります。

我が家は入居時に、下記がありませんでした。

  • クーラー
  • ガスコンロ
  • 網戸
  • トイレ(便器)の蓋
  • お風呂やトイレの換気扇

民間でもクーラーが付いていないところもあるので分かりますが、ガスコンロと網戸がないのには驚きました。でも、団地はだいたいそうみたいです。(ガスコンロと網戸がない)

ガスコンロは都市ガス用を購入し、網戸は今のところ購入はしていません。窓に網戸のようなネットを取り付けてしのいでいます。(意外と良いので網戸は必要ないかも)

一番びっくりしたのは、トイレ(便器)の蓋がないところ・・・。トイレの蓋をしめて流さないとあり得ないくらい菌が飛ぶそうなので、かなり不便です。

仕方がないのでこれはクリアファイルをDIYして解決しましたw便座ごと買い替えても良いのですが、今の所そのまま使っています。

お風呂とトイレの換気扇もありませんが、換気窓がついているのでここは大丈夫でした。

市営や県営住宅では、お風呂がないところも多いそうです。

【追記】電球もなかった!

詳しくはのちほど;;

まとめ

UR賃貸に引っ越し、一ヶ月住んでみて感じたメリット・デメリットをお使えしました。

団地によって設備などは異なりますが、だいたいの団地はこのような感じだと思います。

特に民間と比べて、大きな変わりはないので今のところは快適に暮らしています。

団地の特筆ポイント
  • 低コストで快適
  • 畳が思った以上に癒やされる
  • 天井が一部低い
  • トイレ(便座)の蓋がない