【個人的おすすめ】Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の曲ベスト12

2020 6/03
【個人的おすすめ】Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の曲ベスト12

普段、よく洋楽を聞くので「どれがおすすめ?」と聞かれることも多いでのすが、万人受けしそうなアーティストのTaylor Swiftが聞きやすくておすすめです。

今回はテイラー・スウィフトの個人的おすすめな曲をご紹介します。

目次

テイラー・スウィフトって誰?

UNIVERSAL MUSIC JAPAN

テイラー・スウィフトTaylor Swift、1989年12月13日 – )は、アメリカ合衆国のカントリーポップ歌手、シンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。
立て続けにヒット曲を生み出しており、ファン層も広く、しばしば「America’s sweetheart」と呼ばれる。
2018年に公開した「エンドゲーム(英語版)」は1日で8,000,000再生にものぼった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/テイラー・スウィフト

幼い頃からカントリーミュージックを歌ってきた彼女は、メロディがきちんと美しい曲ばかり。

最近の洋楽はドスドス系で今どき感はあるのですが、テクノロジーでごまかしているのも多いです。テイラーの曲は本当に歌声がキレイなのでしっくりきます。

歌も上手いけど、スタイルや踊りも完璧

スタイルも抜群!
顔も可愛い

歌手でありながら、女優としてテレビやドラマで活躍しているテイラー。その容姿も相当なものです。

テイラーの美脚に、48億円の保険金がかけられたことで話題となりました。

この美脚に48億円の保険金!

48億円の保険で話題となったテイラー・スウィフトの美脚に傷がざっくり!

まずはこのアルバムを聴こう

「Reputation」は最新のアルバムです。テイラー・スウィフトのファンは聴くこと必須!初めて聴く方にもおすすめです。

「Red」と「1989」どちらも聴きやすく、捨て曲もない最高のアルバムです。

この3枚のアルバムを聴けば、テイラー・スウィフトの人気曲を押さえることができます。

個人的おすすめの曲ベスト12

個人的におすすめの12曲をご紹介します。どの曲を聞いて良いか分からない方がいたら、まず聞いてみて下さいね。

アルバム「Reputation」より

Delicate

デリケートは直訳で「繊細な」という意味です。

メロディも繊細で美しく、歌詞はちょっと意味深ですがしっとりしたキレイな曲になっています。

PVの踊りも可愛いので、ぜひ下記のYoutubeで動画をチェックしてみて下さい。

Look What You Made Me Do

これはPVが超カッコイイ!曲も挑戦的で、かっこいい仕上がりです。

始まりにゾンビになったテイラーが出てきて驚きます。特殊メイク凄すぎる!

タイトルを直訳すると「あなたが私に何をやらせたのかご覧なさい」みたいな感じでしょうか。もっとざっくり言うと、「何やらせてんのよ!」みたいな感じでしょうか・・・。

途中に台詞が入るシーンがあり、「過去のテイラーは死んだわ」と言っています。なにか嫌なことでもあったのでしょうか。

このPVの途中と最後に、過去のPVで着ていた衣装のテイラーが複数出てきます。他のPVをチェックしている人からすればグッとくるでしょう。

Dress

個人的にとても好きな曲です。しっとりしたキレイなメロディ。

歌詞もロマンチックでgood!ちなみにこの歌詞は少し過激らしく、曲を出した後にご家族に反対されたそうです。

PVはありませんでした。

Call It What You Want

直訳すると「それを好きなように呼んで」という意味ですが、何を好きなように呼ぶのかはよくわかりませんでした。

少し暗めのメロディですが、なんかしっくりきます。PVはありませんでした。

アルバム「Red」より

I Knew You Were Trouble

迫力のある感じの曲です。

タイトルは直訳すると「あなたがトラブルだったことは分かってたわ」です。歌詞は元彼についてではないでしょうか。

22

PVが可愛いです!22というのは当時の彼女の年齢です。

曲もテンポ良くノリノリで、聴きやすい。掃除のときなんかにこの曲をかけたら、効率よくできそうな感じ。

We Are Never Ever Getting Back Together

こちらもPVが可愛いです。この曲はテイラーの代表作と言っても良いのではないでしょうか。

タイトルは「私達はよりを戻すことは絶対にないわね」です。アップテンポでノリの良い曲です。

タイトルはネガティブなのに、曲は明るくてギャップがあります。

Begin Again

この曲は個人的にすごく好きです。

アコースティックギターで始まるしっとりとした曲。なにより、歌詞がとても良い。

こちらのサイトがとても良く翻訳しているので気になったらチェックしてみて下さい。

アルバム「1989」より

Out Of The Woods

特定のフレーズを繰り返す、ミステリアスな曲になっています。

泥や氷の中から脱出しようとするPVがカッコ良すぎます。

Shake It Off

これは超ノリノリの曲です!盛り上がりたいときはぜひこの曲を。

「人は人。私は私。嘘つきはずっと嘘をつくけれど、私は踊り続けるし気にしてないし」みたいな歌詞で、クールです。

多分、有名なだけあって、嫉妬や酷評もたくさん受けてきた彼女だからこそ書ける歌詞なんだろうなと思います。

Wildest Dreams

メロディが大好きな曲。美しい。

歌詞が相当ロマンチックです。ロマンチックになりたいときにぜひ。PVでテイラーが怒っているシーンがとても好き。

Wonderland

最後に、ワンダーランドという曲です。ワンダーランドというと不思議の国のアリスを思い浮かべますが、そのとおり、それをモチーフにして作られた曲になっています。

少し暗めの曲ですが、強気な感じのメロディです。ワンダーランドに迷いこむくらい、素敵な彼がいたんでしょうかね!

PVはありませんでした。

まとめ

安定して毎日聴けるほど癖がなく美しいテイラーの歌声は、どんなシチュエーションにもぴったりです。

とりあえず洋楽を流したい!という時にもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

「Wordpressって何?」からブログ歴2年で収益化達成!
現在は複数ブログ運営中。雑記ブログから特化ブログへ。人生何でもコンテンツ中。
平成生まれのゆとりでも、フリーランス+ブログでなるべく消耗しないで生きるのが目標。

目次
閉じる