【超シンプル】女性ミニマリストのルームツアー【自分の部屋紹介】

筆者

ミニマリスト歴 約10年のクボヒロ(@Kubohiro7)です。
ミニマリストになり、汚部屋&ローン地獄からの脱出に成功!
今は夫婦ふたり月7万円で暮らすのを目標に頑張っています♪

このページでは、30代ミニマリスト女性の私の部屋を紹介します。(部屋の写真アリ!)

UR公団(いわゆる団地)に、夫婦二人で住んでいます。間取りは3Kで、リビングと、それぞれの部屋を分けて使っています。

今回は私が使っている部屋を紹介していきますね。何かの参考になれば幸いです!

目次

女性ミニマリストのルームツアー(自分の部屋紹介)

ミニマリスト部屋の全体図

まず全体図はこちらです。

4.5畳の和室ですが、天井や壁紙、ふすまなどはすべて白ベースで統一されているので、「THE 和風」の雰囲気にはなっていないかもしれません。この写真に写っている家具や物は、下記です。

  • マットレス(布団、枕、クッション)
  • 遮光カーテン
  • デスクチェア
  • ペンダントライト
  • ウォーターヒヤシンスの丸い座布団(ニトリ製)
  • スタンドライト
  • 壁飾り
筆者

ほとんど何も置いていなくて、部屋というよりは寝室に近いかな・・・!
掃除も簡単だし、畳なのでくつろげます。

使用しているマットレスについては、こちらの記事もどうぞ。

ミニマリストのつくえ

続いてデスク周りを紹介します。(※電気をつけていないので暗いです)

人に言うとびっくりされるかもしれませんが、押入れをデスク代わりに使っています。意外にも高さもちょうどよく、ダイソーのリメイクシートを貼ったらちょっぴりオシャレになりました。(足元にも敷きました)

この写真に写っているものは下記です。

  • デスクチェア(クッションは無印良品のもの)
  • 木製のフットレスト
  • クリップ型ライト
  • 文机(ふみづくえ)
  • Macbook
  • Apple watch
  • Airpods
  • 上記3つの充電器
  • MOFT(カードケース)
  • ダイソーの小物入れ
  • トイレットペーパー
  • アルコールスプレー
筆者

押入れデスクは「おこもり空間」みたいな感じで落ち着くし、集中できます◎
ちょっと暗いのでクリップ型ライトを使っています。

フットレストはこちらを使っています。木製で余計な機能もなく、シンプルで見た目もいいです。

写真には写っていないのですが、下記のアロマディフューザーも置いています。すっごくお気に入りで、リピしています。(お高めだけど、スティックを1本にすれば半年以上持ちます◎)

ミニマリストの押入れ

続いて押入れ(天袋)を紹介します。

天袋(てんぶくろ)は知らない人も多いかと思いますが、押入れの小さいバージョンで、天井の近くに設置されています。

天袋の中身

天袋には下記のものたちを収納しています。

  • シーズンオフの布団(圧縮袋に入れています)
  • リビングではずしたふすま
  • 予備のダンボール
  • 寝袋
  • 家関連の書類(バインダーやファイルにまとめて入れています)
  • 布団乾燥機
筆者

収納があるからといって、パンパンに詰め込まないようにしています。
天袋は高い位置にあるので、普段使わないものを収納しています。

布団は下記の圧縮袋に入れています。防虫効果もあるので、安心してお布団が保管できますよ。

ミニマリストが部屋に置いているものとその理由

ミニマリストの部屋、全体図2

部屋に置いている主な家具は、この3つくらいです。

  1. 布団(マットレス)
  2. デスクチェア
  3. スタンドライト

押入れをデスクとして使っているので、別途デスクを置かなくて良いのが、部屋を広く使えている理由かもしれません。

また、インテリアにもそれほどこだわりは無いのですが、ひとつ挙げるとすると「木製」や「天然素材」の物を取り入れていることです。

例えば、ウォーターヒヤシンスで作られている丸い座布団は、小物置き場としても使えます(ニトリで購入)。デスクチェアの肘置きは木製で、フットレストや、ラックとして使っている文机も木製です。

筆者

寝具もなるべくコットン100%製や麻生地などを買うようにしています!肌触りも見た目もいいし、長持ちするからです。

UR公団地はリフォームされてるとはいえ、元々は和室。畳やふすまは健在です。

なるべく天然素材のものや、木製のものを取り入れることによって、北欧風に見えるようにしています。

とうふくん

まぁ別に誰に見せるわけでもないので、「THE和室」でもなんら問題はないのですが。笑

ミニマリストが部屋に置かないものとその理由

  • ベッド
  • 収納家具
  • ラグ、カーペット類
  • デスク・サイドテーブル
  • 観葉植物、インテリア小物

これらの物は置いていません。

部屋が畳なので、ベッドとラグやカーペット類は必要ないかもしれないですが、もし洋室の家に引っ越したとしても、どちらも置かない気がしています・・。(理由は、掃除が大変になるから)

収納は天袋だけで済みますし、収納する物もほとんど無いので収納家具はいりません。

テーブル系を置かないのは、押入れをデスクとして使っているから。もし押入れがなかったら、小さな折りたたみのテーブルを購入していたかもしれません。(その代わり、デスクチェアは買っていません)

観葉植物はリビングの日当たりのいいところにまとめて置くようにしています。そのほうが水やりも楽。また、インテリア小物は壁掛けの飾りひとつのみで、ほかは一切置いていません。理由は、掃除が面倒になるからです。

筆者

とにかく掃除が面倒になるものは置いていません。
部屋でくつろぐのに、たくさんの物は意外といらないのですよ!

この記事のまとめ

色々と物を置いたり、インテリアにこだわったときもありましたが、今はこの部屋の状態で落ち着いています。

  • 物を少なくして掃除を楽にし、常に清潔をキープ
  • 畳なのでベッドなし、押入れをデスク代わりにも使う
筆者

UR公団は家賃も安くて住みやすい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こちらから記事をシェアできます
目次