買って良かったモノ

フェリシモの時短をかなえるレジカゴリュックをじっくり詳しくレビュー【使ってみた】

クボヒロ

こんにちは、クボヒロです。
(@Kubohiro7)

フェリシモの時短をかなえるレジカゴリュックを買いました。

徒歩かつ、リュックでスーパーへ通う私にとって、「スーパー用リュック」へのこだわりは人一倍強めです。

なので、このリュックを買おうか非常に迷いました。

レジカゴリュック買うまでの疑問
  • 耐久性は大丈夫?すぐ壊れたりしない?
  • スーパーだけじゃなくデイリーでも使えたら嬉しいので、デザインにもこだわりたい
  • レジカゴバッグを使ったことがないので、行きつけのスーパーで使えるか不安
  • スムーズに使いこなせるの?実は難しい作りなんじゃないの?
  • 歩いたときにパカパカしないか?(背中が浮かないか)

・・・と、とにかく疑問たっぷりでした!!

結論から言えば、今の所かなりお気に入りになっています。

買ってから3回ほど使用してみたので、感想などなど超詳しくレビューしていきたいと思います。

レジカゴリュックってなに?

フェリシモから発売されている、レジカゴリュックというものです。

レジカゴバックなら知っているよと言う人は多いと思いますが、それのリュックになるバージョンです。

使い方としては、レジの会計時にカゴの中にバッグをセットし、あとはバッグのくちを閉じるだけですぐに商品詰めが完了するというものです。

フェリシモのレジカゴリュックを見てみる

レジカゴリュック買おうと思った決め手はコレ!

レジカゴリュックの画像
  • 耐荷重が18キロもある
  • 折返し部分が長く、カゴからはみ出た商品もすっぽり入れることができる

特に購入の決め手となったのが、耐荷重が18キロもあるところです。

クボヒロ

私はリュックに関してはちょっと嫌な思い出がありまして・・・

昔からスーパーへ徒歩で行く私にとって、リュックは必需品でした。

ですが、スーパーで買うものは重いものばかり。(醤油や野菜は重いですよね!)それでも、パンパンにリュックに商品を詰めていたのでした。

ある日、いつもどおりパンパンリュックを背負って歩いていると、リュックの中身が道端に道しるべのように落ちていたんです・・・。

(通りすがりの人)ちょっとすいませ〜んそこのアナタ。リュックの中身こぼれてますよ〜

急いでリュックを確認すると、チャックが開いていました。お店を出るときは閉じていたのに!

普通のリュックだと耐荷重があまりなく、重いものを入れるのには適していないんですよね。

重い商品がチャックの負担になっていて、歩く度にズリズリと開いていったようです。

その点、フェリシモのレジカゴリュックの耐荷重は18キロ。重いものをたっぷり入れたい主婦目線をとらえているなと関心しました。

また、このレジカゴリュックには2種類の大きさがあるのですが、小さいほうは耐荷重12キロになっています。

大きいサイズは、レジカゴからあふれた商品もすっぽり包めるほどの大きさなので、「万が一レジカゴに入り切らなくて、レジ前でまごつくのが嫌・・」と思っていた私の考えも、見事解決してくれました。

早速使ってみよう!スーパーへ買い出しに行く

届いてから、まずは使ってみないことには使い勝手が分からないので早速買い出しに行きました。

ちなみに、最初はひとりで使うのは気まずかった?ので、旦那マンと一緒に行くことにしました。何かトラブルがあっても、二人なら焦らないかと思って・・・w

クボヒロ

レジカゴバッグ使うのは初めてだからね〜

旦那マン

本当にこんなリュックで大丈夫?

ここでも、私の疑問点は色々ありました。

  • 家を出るときはリュックとして背負っていくけど、レジカゴにセットするときにリュックを解体するタイミングは?
  • 店員さんにひとこと断るべき?
  • リュックに戻す(商品詰め)にはどのくらい時間がかかる?

実際に体験してみたので、ひとつづつ説明していきますね。

リュックを解体するタイミングっていつ?

▲ トート型に変形してみた

このレジカゴリュック、実はトートバッグにもなります。

スーパーへ行く時は、リュック型かトートバッグ型にして行くことになると思いますが、どのみち帰りにリュックにするのならリュック型のまま行くといいと思います。(トート型だとリュック紐をポケットに入れることになるため)

そして解体するタイミングですが、会計時の列に並んでいるときが良いでしょう。実際私もそのタイミングで、解体していますよ。

レジカゴリュックの使い方(解体)

リュック状態から、レジカゴにセットすること(解体)は簡単でした。

レジカゴリュックをセットする方法
  1. 左右の横の紐を解く
  2. チャックを外す
  3. レジカゴにセットする(向きに注意)

①と②は順番が逆でも大丈夫です。

チャックが少し噛んでしまい外れづらかったのと、レジカゴにセットするときの向きに注意だけすればOKです。

トートの取っ手とレジカゴの取っ手が同じ向きになります。単純に、バッグを広げて長くなる方が、レジカゴの横方向(長い方)となります。

店員さんにひとこと断るべき?

店員さんにはひとこと断ったほうがいいです。

なぜなら、店員さんは忙しいですからレジ打ちをさっさと始めてしまいます。

レジカゴバッグは商品を入れる前の状態にセットしないと意味がないので、店員さんがレジ打ちを始めて商品をカゴに入れてしまったら、ちょっとめんどくさいことになってしまいます。

クボヒロ

あの〜・・・レジカゴバッグをセットしたいんですけど良いですか?

ひとこと言うだけで分かってくれます。そして、私が行くスーパーでは、レジのおばちゃんがバッグをカゴにセットしてくれます。

ちょっと変わったかたちなのか、どっちの向き?どうやってセットするの?って聞かれました。その時は補助してあげてくださいね。

リュックに戻す(商品詰め)にはどのくらい時間がかかる?

商品がレジカゴリュックの中にすべて入ったらお会計をして、リュックへ戻す作業です。

私はここで超衝撃を受けました。

クボヒロ

超簡単で、一瞬で終わる!!!!なにこれすごい!!!!

クボヒロ

ちょっと!こんなに簡単でいいの?!

今までは普通のリュックと、入り切らないぶんは、コンパクトになる手提げバッグ(雑誌の付録)を使っていました。

でも、このレジカゴリュックは大容量だから、これひとつでOKになりました。

ちなみにリュックは無印良品です。(これはこれで優秀)

レジカゴリュックの使い方(リュックに戻す)

解体したときと同じように、今度は左右の紐をしばっていきます。そしてチャックを閉じたらハイ終わり!

▲ 最初に指で紐を絞って、最後に黒いクリップを締めていくほうがやりやすいですよ!

一緒に行った旦那マンも、密かにこのリュックを使うのを楽しみにしていたのですが、あまりにもあっけなく商品詰めが終わってしまったので驚いていましたよ。

クボヒロ

あまりの簡単さに驚きしかなかったよ!

旦那マン

いつの間に袋詰め終わったの?!これなら男の自分でも使いこなせそう!

今までリュック詰めに3~5分ほどかかっていたでしょうか。それが、10秒くらいで終わります。

前は30秒と書いていたのですが、慣れてくると5~10秒ほどで終わるので訂正しました。

私が行っているスーパーは混むこともあって、商品詰めの作業台がかなり混雑して焦ってしまいやすいんです。

作業台のうしろで人が並んで待っていることもあるので、「早く詰めないと・・・!」というプレッシャーを感じやすいんですよね。

それが今では10秒で済むのでプレッシャーも感じること無く、ストレスフリーです。

レジカゴリュックにはどのくらいの容量が入るのか?

私が買ったのは大きいサイズのレジカゴリュックです。従来のものより1.7倍の収納力です。

公式からの情報だと、なんとトイレットペーパーの12ロールが入るサイズとのこと。実際どのくらい入るのでしょうか?写真で見ていただきましょう!

▲ まずはチャックを開けます
▲ 横の紐を解くと、一瞬で荷物が全て出せます。
▲ こちらは土曜日に買いだめしたものです

最後の3枚目の写真、こんなにパンパンに詰めたのに、それでも余裕の容量。

お会計時には、レジカゴより上にはみ出していましたが、大きいサイズのレジカゴリュックなのですっぽりと包み込むことが出来ました!

そして何より驚いたのが…。

▲ 重さを計ってみました

9キロも収納していたこと!

耐荷重は18キロまでなので余裕なのですが、無印良品のリュック(前に使っていたやつ)では、せいぜい5キロまでしか入らなかったので。これには驚きです。

ちなみにまだまだ入りそうでしたよ!

耐久性は?重いものを入れてもチャックが開いたりしない?

▲ 背負った感じ(男性です)

実際に9キロほどの荷物を入れて、旦那マンに背負ってもらいましたが、とてもしっかりして良さそうでした。

あまりしっかりした作りだとゴツくなってしまいがちですが、このリュックはゴツくないのに安っぽさがなく、耐久性も期待できそうです。長く使えそう。

9キロも入れているのに型くずれもなく、左右の紐(絞るところ)もずり落ちてくることは全くなかったです。(ここ重要)

クボヒロ

私のリュックの一番の恐怖は、気づかないうちにチャックが開いて、中身がこぼれ落ちてしまうことなので・・・ここは重要ポイント!

▲ チャックは重厚な作り。噛み合わせるコツはジャケットなんかで練習しておくといいかもw

チャック部分もかなり重厚な作りです。チープ感は全くなく、かみ合わせもバッチリ。これも、勝手に開いてきたりする心配はなさそう。

▲ リュック紐の付け根がすこし気になった

気になったのはリュック紐の付け根です。

さすがに9キロも入れると、この部分が心配。昔使っていた布製のリュックは、3~4キロの荷物を入れたときにこの部分から破れてしまいましたから・・・。

ここはもしかしたら補強するかもしれませんが、なにせ耐荷重18キロまでOKなので壊れないことに期待しています。

背中の浮いてる感はないか?

背中のパカパカ感もなかったです。

別のリュック(特にレディースもの)だと、歩くたびにパカパカしてしまいやすいんです。おしゃれ重視だからでしょうか?

歩くたびに背中とリュックの間に隙間があいて、パッカパッカなってしまうととっても歩きづらいし、疲れも倍増するんですよね。

このリュックは中身がない状態でも、9キロの荷物を入れた状態どちらでもパカパカ感はなかったです。嬉しいポイントです。

細部をチェックしてみたよ

時短をかなえるレジカゴリュックの細部をチェックしてみました!

タグも高級感があっておしゃれ

▲ タグ部分拡大しています

まずはタグ部分ですが、カーキの色に白いタグは映えていいですね。

「L’AMI+」というロゴの隣に、小さな文字で英語が書いてあります。

ポケットの数は4つ

ポケットは全部で4つあります。

あまり多いと使いこなせなかったり、かさばってしまうのでこの数だとちょうどいいです。

▲ まずは全面ポケット(外側1)ボタンがマグネットになっており、すごく便利。
大きさもたっぷりでスマホなど入れられます。
▲ こちらは中についてるポケットです(内側2)2つの仕切りになっていま
す。ちょっとした小物が入ります。
▲ こちらも内側にあるチャック付きポケット(内側3)深みとしては手のひらサイズくらい。
▲ そして最後に、リュック紐の付け根にあるポケット(外側4)これは、トート型にするとき、邪魔になるリュック紐を収納しておくためのポケットになります。
(もちろん別の用途で使ってもいいと思いますが)こちらはスナップボタンになっています。
▲ リュック紐が入るサイズなので、このように深みがたっぷり。長いモノが入ります。(肘手前まで突っ込んだ図)

トートバッグへの変形ができる

▲ トート型にするには、リュック紐の下部分についているフックをはずして、さきほどのポケットにリュック紐を収納します。
▲ このようにリュック紐を収納すれば、トートバッグになります。
▲ じゃ〜ん。トートバッグに大変身!かたちもかわいいです!

左右の紐部分

これで限りなく絞った状態

左右の紐部分は、ギリギリまで絞ってもこのように少しだけ隙間ができてしまいます。

ですので、セキュリティを考えると海外旅行には厳しいかなと思いますね。

実際に背負ったり、持ってみた感じの写真はコチラ

スーパー用ではなく、ちょっとした日常使いにも使えたら嬉しいなと思いまして。

やっぱりデザインも重要ですよね。この点も、オッケーでした!!

▲ 男性(身長185cm以上)が背負ってみた感じです。大きいサイズは男性にぴったりくらいのサイズ感ですね。
▲ こちらは私(女性)が持ってみた感じ。トート型に変形させてます。
▲ 女性が持っても違和感ないでしょう?

個人的には、トートバッグの形がお気に入りです。

この状態でもたっぷりの荷物が入るし、持ち手も調節できるようになっているので、もっと長くすれば肩掛けバッグにもなります!

紐を伸ばしてチャックも外してしまえば、中身が全て一覧できて一気に取り出せるので、旅行先のホテルなどでも便利じゃないでしょうか。

クボヒロ

マザーズバッグにも良さそう〜!

▲ バッグ下部に取っ手あり!

ちなみに、バッグ下部に取っ手がついています。

重いものを入れたときに、手で掴んで支えられるようになっています。こういうちょっとした作りも嬉しいポイントですね。

レジカゴリュック買って良かった理由

レジカゴリュックを買うまでは色んな疑問点がありましたが、買って良かったと思います。

レジカゴリュック買ってみて解決!
  • 耐荷重が18キロもあって、耐久性バッチリ!生地も丈夫だし長く使えそう
  • 生地がしっかりで安っぽく見えない。タグもリッチ感があって全体的にキレイめカジュアル◎
  • すぐにレジカゴにセットでき、簡単にリュックに戻せて、レジカゴバッグデビューさんにもおすすめ!
  • シンプルな作りなので、スーパーでも、デイリーでも使えて便利
  • 背負っても浮いてきづらく、パカパカしない

クボヒロ個人的に気に入っているところは、下記のところです。

  • とにかく一瞬で商品詰めが終わる
  • 9キロの荷物を入れても、紐やチャックがずり落ちてこない
  • 紐とチャックを解いてしまえば、中身が一気に取り出せる
  • トートとリュック簡単に切り替えられる

こんな人にもおすすめ!

  • 徒歩が多い人
  • スーパーでたくさん買う人
  • ガバっとまとめて荷物を取り出したい人
  • 男女兼用で使えるので、シェアして使いたい人

まとめ

私はなるべく運動のために、スーパーまでは歩くように心がけています。そのため、リュックは必需品!!デイリーでも使います。

この「時短をかなえるレジカゴリュック」は、私みたいな徒歩が多い人、スーパーでたくさん買う人、ガバっとまとめて荷物を取り出したい人にはとても向いている商品だと思いました。

とにかくひとつ言えるとしたら、荷物詰めが一瞬で終わるよということ。もう、これ体験したらほかのリュックに戻れないですよ・・・。

大容量のリュックだとゴツくなってしまいがちだけど、このリュックはデザインもかっこよく男性が使っても違和感がないし、女性でも綺麗めカジュアルにコーディネート組めるので助かります。

本編ではお値段には触れませんでしたが、私が購入したときはなんと1,000円引きでした!たぶんこれ、すぐ終わっちゃうと思うので1,000円引きで買うならお早めにどうぞ・・・!