ブログのリンク切れはプラグイン「Broken link checker」であっという間に解消できる

ブログのリンク切れ、ブログを書いている当本人はなかなか気づきづらいものなんですが、読むほうは結構気づいちゃったりしませんか?

興味があってリンク先をチェックしているのに、「404 Not found」などとリンクが切れていたら見る気をなくしちゃいますよね。ブログ離脱率upに繋がってしまうひとつの原因とも言えます。

実際に当ブログでもリンク切れチェックをしてみたので、一番カンタンに出来た方法をお伝えします。

目次

ブラウザで行えるリンクチェッカー(リンク切れツール)は面倒だった

アプリやプラグインではなく、さくっとブラウザからリンク切れのチェックができるサイトがあり、こちらを最初に使ってみることにしました。

ブログのアドレスを入力するだけで簡単にリンク切れチェックできるのは良いのですが、チェックに時間がかかるし、Wordpressと直結しているわけじゃないのでこちらのツールは使わずに、プラグインを探すことに。

リンクチェッカー(リンク切れツール)(dead-link-checker.com)

ブラウザリンクチェッカーの特徴
  • リンク切れチェックに時間がかかる
  • ブラウザのタブ(ページ)を開いていないと実行されない?
  • ブログのアドレスを入れるだけで簡単にチェックできる

「Broken Link Checker」プラグインを使ってリンク切れをチェックする

「Broken Link Checker」というプラグインを使ってみました。

あんまりプラグインを導入するのは好きじゃないのですが、こちらは導入して大正解だったと思うプラグインとなりました。

Broken link checkerをダウンロードする(Wordpressプラグイン)

Broken Link Checkerの使い方

インストールからリンクチェックまで

インストールして有効化するだけで、自動的にリンクチェックが始まります。

ダッシュボード>ホームに、Broken Link Checkerのウインドウが表示されているはずです。

「○○個のURLが作業キューにあります」と表示されるので、全て終わるまで待ちましょう。とはいえ、別の作業をしてても全然OKです。初回はちょっと時間がかかると思います。ブラウザのリロードはしなくても、キューの数字は減っていきます。

リンクエラー画面の見方

私の場合は、上記のようにエラーが10個ほど出てきました。

  • URL : エラーの出ているリンク(URL)
  • ステータス : どういうエラーが出てくるか
  • リンクテキスト : その文章のところのリンクがおかしい
  • ソース : エラーの出ている記事

一番右のソースを見ると記事タイトルが表示されているので、その記事にエラーがあるということになります。直していきましょう!

リンク切れエラーの直し方

一覧にカーソルを持っていくと、メニューが出てきます。「URLを編集、リンク解除、リンクエラーではない、無視、再確認」の5つの項目です。

  • URLを編集 : ここをクリックすると、直接このURLを書き換えることができます
  • リンク解除 : その名の通りリンクを解除することができます
  • リンクエラーではない : リンク切れではない場合はここをクリック
  • 無視 : とりあえず保留というか、エラーの一覧から消したい場合
  • 再確認 : 記事内のリンク切れを直したら、ここをクリックしましょう

基本的には、URLを編集→再確認という流れでエラーを直していきます。

また、ソースの下に表示される「編集」から記事を編集することができるので、そこでエラー箇所をじっくり確認しながら直すのも良いと思います。(実際に私はこのやり方で直しました。)

 のアイコン画像 

一覧から一気にエラーを直せちゃうのがめちゃくちゃ便利じゃない?

リンク切れの直し方のコツ

リンク切れはテキストリンクだけではありません。実際に私がリンク切れを直して、「へーこんなところにも?!」といった箇所をピックアップしてみました。

公式ページでもリンク切れになることがある

「詰め替えそのまま」という商品を取り扱っている三輝の公式通販サイト。公式なのでめったにリンク切れにはならないと思いきや、リンク切れしていました。

公式だからとか関係ないので、注意しましょう。

アプリーチのリンク先のアプリが、配信停止している

下記の記事に貼ってあったアプリーチのアプリが配信停止されていました。(Goodnotes4)これにより、リンク切れとなっていたのでした。
リンク先を踏んでみると、「App入手不可能」のエラーポップアップが・・・。

  • Goodnotes4の配信停止
  • Goodnotes4から5へ移行するためのアップグレードバンドルの配信停止

上記箇所を直して、すっきりリンク切れを解消できました。

引用するときのURLが間違っている

文章を引用するとき、そのソースを載せると思うのですが、そのリンクの書き方が間違っていました。

「珪藻土」の説明をWikipediaから引用したのですが、テキストリンクが「珪藻土より抜粋」になってしまっていました。「より抜粋」が余計です。
リンク先を踏んでみると、「珪藻土より抜粋」というリンク先に・・・。そんなWikipediaあるわけありませんよね。

「珪藻土」というテキストにWikipediaのリンクをつけ、「より抜粋」を普通のテキストに戻したところ、エラー解消できました。

リンク切れを全部直してスッキリ爽快!!

リンク切れをぼちぼち直していったら、「再確認」のボタンを押しておきましょう。そして、Wordpressのダッシュボードに戻ると、再度作業キューとしてチェックしてくれます。それが終わればリンク切れチェックは完了です!

 のアイコン画像 

リンクエラーはありません。の文字が出れば安心です!

まとめ

エラーを直し終えたら今後も、自動的にリンク切れのチェックをしていってくれます。本当に優秀なプラグインですよね。

リンク切れはブログを見ている方もうんざりしてしまいますから、プラグインでさくっと解決しておくのがベストです。

Broken link checkerをダウンロードする(Wordpressプラグイン)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる