WordPress 5.0へのアップデートで編集画面が変わったのを元に戻す方法

5.0ではエディター(投稿画面)ががっつり変わってしまっているので、いつもの投稿画面でブログ書きたい!という人はひとまず更新は避けたほうが良さそうです。

ですが、うっかりアップデートしてしまっても大丈夫。戻せます。

目次

アップデートしたらこうなった

得体の知れない画面が出てくる
ブロック・・・?しかも全て英語

うかうか更新したら、こんな投稿画面(エディター)になってしまいます。どうやらブロックエディターというそうです。ほとんど英語だし、ショートカット用のプラグインも使えなくなっています。

新しいものは好きな私ですが、慣れ親しんだWordpressの投稿画面じゃないといまいちしっくりきません。

慣れ親しんだいつもの投稿画面はこちら

一刻も早く戻したい時にすること

とにかく一刻も早く戻したい!そんなときはプラグインを活用してみましょう。

「Classic Editor」で検索

Classicで検索し、一番最初に出てくるやつです

プラグイン>新規追加>検索画面に「Classic」まで打ち込むと出てくる「Classic Editor」というプラグインをインストールします。

なんと、これを有効にするだけでOKです。

ただし、私の場合は投稿画面のカスタマイズ(カテゴリーやタグなどを設定する位置)が初期化していました。(全て表示オンになっており、位置も戻っていた)

投稿一覧にClassic Editorという一文が追記されていますが、特に気にしなくてオッケーです

WordPress 5.0はまだアップデートしないほうが良い


JINテーマを使っている人は、対応してくれるまで待ったほうが良いかもです。

追記:2019年はGutenbergを愛用中

現在ではすっかりブロックエディタに慣れ、使っています。まだクラシックエディタを使っている人にも、十分おすすめのできるくらいに進化していますよ。

まとめ

私はJINテーマを使用しているので、対応してくれるまで「Classic Editor」にお世話になるとしましょう。

とはいえ、まずは更新を控えたほうが良さそうです!

  • WordPress 5.0へのアップデートは慎重に!
  • JINテーマ使っている人は、ひつじ氏(@hituji_1234)の対応を待ちましょう
  • もし更新してしまったら「Classic Editor」というプラグインを使えば従来の投稿画面を使用できる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる